仮想通貨イーサリアム(ETH)、ICOによる売り圧力の終わり間近か|BitMEXの報告書

ETHの売り圧力は終了間近か
大手取引所BitMEXの最新研究報告書は、ICOプロジェクトによるETHの売却や保有データを解析。 「ICOプロジェクトはすでに当時調達したUSドル分のETHを売却した」との分析結果を公開した。

ICOのイーサ:所有>売却

レバレッジ最大100倍で有名な大手仮想通貨取引所BitMEXが本日、『ICOによるイーサリアム(ETH)の所有量』という研究報告 を発表しました。

その詳細を要点に振り分けて紹介します。

まず、これまで222のICOプロジェクトのETH残高からすると、「ICOプロジェクトはすでに当時調達したUSドル分のETHを売却した」とBitmexの報告書が報じました。

補足:ここで資料が示す当時の調達分のUSドルは、ICOのキャップ(上限)に設定されたドルの価格や、その当時のイーサリアム価格を基準に算出された金額を指します。

よって、その当時よりETHの価格が高ければ、調達したETHを全て売却せずとも、調達予定額のUSドルに達することになります。

下図を見てみると、合計調達した1518万3779ETHに対して、9月現在の残りイーサリアムは385万8659ETHとなっています。

しかし、マクロレベルでは調達した当時より高値での売却をすでに行なっていることから、ICOプロジェクト自体は資金調達額より7億2700万ドル(≒828億円)多くの利益獲得に成功している模様です。

下図ではICOプロジェクトの含み益(潜在的な利益、)が9300万ドル(≒105億円)と示されており、イーサリアムのATH(過去最高値)から85%下落した現在も高い含み益を保っていることがわかります。

なお、以下のチャート(青=ETH所有量;赤=ETH価格)が示すように、「多くのICOは現在より高値の時に、ETHを売却した」と指摘しました。

これにより、プロジェクトに必要とされる資金(調達目標額)に達していることを暗に示し、過度な売却に繋がらない可能性が浮上しました。

さらに、「ETHの所有量のピークはたったの510万ETHであり、合計調達量の1520万ETHよりはるかに低い数値であったことから、おそらく初期のICOは新しいICOへ再投資したと考えられる」と記載されています。

同報告のチャート(青=含み損益、赤=実損益)では、ETHの価格変動による最も純利益の高いトップ20プロジェクトの中で、FilecoinはETHの価格変動により、最も高い純利益になっている模様です。

一方で、こちらのチャートが最も純損失を抱えているICOを示すものとなりますが、損益額が大きくないのが示されている上で、「過半数以上は含み損のままである」と説明されています。

BitMEXの結論とは

「我々は、ICOの持つETHの在庫が一般的に思われるより、相場に影響された程度は限定的である…噂された『パニック売り』という観点が正確でないことが明らかになっている。」

*なお、Bitmex側の免責事項にて、この報告書は、ICOを計算に入れそこなったり、誤って売却に計算すること、またこれらの数値が推定額であることも明記されています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加