『将来ETHとXRPはビットコインのドミナンスを上回る』|deVere Group社CEOが大胆な強気予想

将来ETHとXRPはビットコインのドミナンスを上回る可能性を示唆
世界最大手オフショア投資顧問企業deVere GroupのCEOであるNigel Green氏は、ビットコインが5,000%の成長を達成すると強気予想を披露。また金融業界に革命をもたらした点は認めながらも、「新たな技術や仮想通貨が台頭し続け、最終的にはビットコインを打ち負かす」と述べた。
ETFとは
Exchange Traded Fund (上場投資信託)の略でインデックスファンドの一種。日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等に連動する運用成果を目指し、東証などの金融商品取引所に上場している投資信託もこの一種。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

将来XRPとETHがBTCのドミナンスを超える

来年でビットコイン誕生から10周年を迎える。

これに際して、世界最大手オフショア投資顧問業deVere GroupのCEOであるNigel Green氏はCCNとのインタビューに応じた。

同インタビューにおいて、同氏はリップルが多くの金融機関と提携している点や、イーサリアムがそのブロックチェーン・プラットフォームによりスマートコントラクトの利用を促進している点を理由に、

次の10年でビットコインは仮想通貨業界に対する影響力やドミナンスを大きく失い、XRPやETHがドミナンスを上回るだろう。

と答えている。

またそれに続けて、さらなる持論を展開した。

公私両方の機関により仮想通貨の採用や利用が大幅に進むことが予想され、さらにデジタル資産がローンチされることが考えられる。

これにより市場競争が激化し、ビットコインのマーケットシェアは失われるだろう

また現在、法定通貨からのシフトが徐々に起きており、この動きは今後10年でさらに加速するだろう。

仮想通貨採用のペースは加速し、次の10年でBTCの時価総額が、現在の価格から少なくとも5,000%の成長が見込まれる

その他多くの専門家が予測:ビットコイン価格年末までに急騰

ビットコインの価格上昇を予測しているのはGreen氏だけではない。

仮想通貨界のエキスパートBobby Lee氏は、20年後には数百ドルに達する可能性があるとしている。

John McAfee氏やその他あらゆる専門家も今年の年末までに220万(20,000ドル)にまで到達すると予測している。

ビットコイン市場回復のカギとは

仮想通貨市場において本稿執筆時点で53.8%のドミナンスを誇るビットコインの価格回復のカギとなる要素として最も挙げられる材料が米SECによるビットコインETFの承認だ。

そもそも、なぜビットコインETF承認が市場回復のきっかけとなり得るのだろうか。

ビットコインETF承認が重要視されるのは、次の点を満たすことで、より好ましい投資手段としての需要が高まり、価格の上昇が見込まれることにある。

特に機関投資家の市場への参入が実現することで、巨額の新規資金流入が期待されている。

(1)規制された金融商品の一つとして、従来の証券取引市場での売買が可能になることで、流動性が高まる。

(2)ETFにはカストディ(保管管理)機能が含まれ、秘密鍵の破損、紛失または盗難による財務損失のリスクが大幅に削減される。(保険等による保障)

ビットコインETF未承認の要因

しかし現在、ビットコインETFは未だに一つも承認されるまで至っていない状況で、その理由として主に以下の3点が挙げられる。

  • (1)少ない取引量
  • (2)不正の可能性
  • (3)KYC(顧客確認)とAML(資金洗浄対策)

価格操作のリスク:少ない取引量

アメリカで規制下にあるどの仮想通貨取引所を取っても、取引高が不足していることを挙げ、それが価格操作のリスクに結び付くとしている。

つまり少額な取引量がETF承認を妨げている最大の要因と明言している。

どの程度の取引量があれば十分なのか、という明確な基準はないものの、規制されていない取引所において価格操作が困難であるかどうかが、一般的なガイドラインとして考えられている。

不正の可能性

米SECは、ビットコイン先物市場であるCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とCboe(シカゴオプション取引所)の取引履歴が、潜在的な不正があるかどうか、まだ十分には判断できないと言及している。

価格操作のリスク:クジラの「脅威」

いわゆる「クジラ」とも呼ばれる大口投資家や、仮想通貨市場で大きな役割を果たしてきた店頭取引(OTC)市場の存在も、ビットコイン価格操作リスクの要因としてSECにより、懸念されている

特にOTC取引の場合、匿名で取引を行うことが可能であるが、最近の発表では、OTC市場取引を行なっているShapeShift社が、KYC(顧客確認)とAML(資金洗浄対策)を行っていく方針を発表している。

ビットコインETF承認に向けた動き

以前にコインポストでも報道したように、最有力ビットコインETFの申請企業VanEck社は先日SECのコミッショナーと面会し、承認に当たる根拠について、プレゼンテーションを行っていた。

VanEckによる説明

VanEckはまず、2017年3月に同社のビットコインETF申請が却下されて以来、仮想通貨全体市場状況・プロダクトで起きている変化を以下のようにリストアップした。

出典:SEC

  • 1.CFTC(米国商品先物取引委員会)に規制されているビットコインデリバティブ市場が複数(CME、Cboe、LedgerX)存在する。
  • 2.VanEck Trust社はCFTC管轄下のビットコインOTCの価格に準拠している。OTC取引デスクによる不正が無い限り、価格は価格操縦に影響されない。
  • 3.情報共有の協定がより多く締結されている。CMEとCboeはお互いに情報交換できる。
  • 4.VanEck版ビットコインETFは1シェア≒20万ドル(2200万円)と設定されるため、個人投資家向けではない。

引き続き、「以前非承認された懸念点は以下のように解決した」と主張し、このETFが認可されるべき理由を明らかにした。

出典:SEC

  • ・現在、規制されているビットコインのデリバティブ市場の規模は大きくなっている。
  • ・仮想通貨関連市場、つまりCboe、ビットコイン先物、OTC取引デスクは規制されている。
  • ・コモディティ商品基軸のETPの承認に一致しており、価格操作の懸念点はすでに軽減されている。
  • ・Cboeのルールは当ETFシェアの潜在的価格操作を監視することに当たる。
  • ・投資家に対する保護を促進する。

上述したように、ビットコインETFは未だに一つも承認されていないものの、承認に向けて様々な動きが見られている。

来年で誕生10周年という節目を迎えるビットコイン。様々なニュースと憶測が飛び交う中、今後どのように市場が展開していくのか、その動向に目が離せない。

CoinPostの関連記事

仮想通貨市場の起爆剤『ビットコインETF』はなぜ承認されないのか:今後の展望と最新状況
コインチェック事件以降、暴落と低迷を続けている今年の仮想通貨市場において、市場回復の最も大きな要因として期待視されるビットコインETF。未だ米SECが承認しない理由や今後の課題をまとめた。
『ビットコインは世界中でブレークアウト寸前』マルタのサミットでdeVere CEOが言及
マルタで開催中のブロックチェーンサミットにて、deVereグループCEOは、ビットコインなどの仮想通貨は世界中でブレークアウト寸前まできており、主にFOMOによって起こると予想した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら