LINEのブロックチェーン基盤のQ&Aプラットフォーム「ウィズボール」がスマホ対応

LINEのブロックチェーン基盤のQ&Aプラットフォームがスマホ対応
世界最大級のコミュニケーションアプリを展開するLINE社は、「LINK Chain」を基盤としたdApps(分散型アプリケーション)Q&Aプラットフォーム「Wizball」のスマホ版をローンチした。

LINEのブロックチェーン基盤のQ&Aプラットフォームがスマホ対応

世界最大級のコミュニケーションアプリを展開するLINE社は、「LINK Chain」を基盤としたdApps(分散型アプリケーション)Q&Aプラットフォーム「Wizball」(ウィズボール)」のスマホ版をローンチした。

「Wizball」(ウィズボール)」は、知識共有のためのQ&Aサービスで、サービスの価値向上に貢献したコミュニティメンバーと価値を分かち合うことで、よりよい情報共有環境を創り上げていくことを目指している。

出典:公式ホワイトペーパー

「LINK Chain」は、独自のブロックチェーンネットワークの基盤(メインネット)であり、単一スレッド上で秒間1,000以上のトランザクションを処理できる高性能ブロックチェーン・コアネットワークと、LINEが培ってきたプラットフォーム構築における技術を融合させ、開発している。

使用することでLINKトークン報酬がもらえる

質問・回答やVote(イイねの投票)を行うことで、インセンティブとして、LINEの独自通貨である”LINKトークン報酬”がもらえる仕組みで、開発者も自社アプリをLINEのブロックチェーン上で行うことが可能だ。

「LINK(海外向け)」は、日米を除くユーザーに配布され、グローバルにて利用可能な仮想通貨交換所「BITBOX」にて取扱予定だが、日本の場合は、LINE社の運営する仮想通貨交換所「BITBOX」が、金融庁による仮想通貨交換業者の認可を得ていないため、当面はLINKトークンの代わりにLINEポイントとの還元が可能となる「LINK」ポイントが利用される。

情報化社会へのチャレンジ

LINE社は、このサービスを作成した背景として、「嘘やデマを意図的に拡げる”フェイクニュース”が増えており、インターネット上における情報の信頼性が問題になってきている」と指摘。

そのような情報の信頼性が問われる中、LINE独自のブロックチェーン「LINK chain」を基盤に「専門家」を重視したQ&Aプラットフォーム「Wizball」を本格的に展開するとしている。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

CoinPostの関連記事

LINE独自の巨大経済圏『LINEトークンエコノミー』を始動|5つのdAppsサービスを発表
月間アクティブユーザー数7,600万人以上とされるLINEが、独自の経済圏を始動する。未来予想やQ&A、商品やグルメレビューなど5つのdAppsサービスを開始。貢献レベルに応じたインセンティブとして、独自コイン「LINK Point」を獲得できる。
LINEが仮想通貨取引所「BITBOX」を展開|日本とアメリカは除外
シンガポールで7月から参入する計画で、対応通貨としては、BTCやETHを含む30種類以上の通貨が挙げられており、また法定通貨の取引は行わず、取引手数料は0.1%と非常に安くなっています。しかし今回のサービスは、日本とアメリカを覗く15カ国に向け提供されます。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら