仮想通貨取引所OKExがレンディングサービス「Piggy Bank」を開始|ビットコインやXRP等主要7通貨担保で利息取得を可能に

OKExが新サービス「PiggyBank」を開始
世界でもTOP5の仮想通貨取引所として地位を誇るOKExが新サービス「PiggyBank」の提供をBTC、ETHやXRPを含む主要7通貨で開始。仮想通貨を信用取引トレーダーに貸付する事で利息が得られる仕組みとなっている。

OKEx、仮想通貨レンディングサービスを開始

世界有数の大手仮想通貨取引所であるOKExが新サービス「PiggyBank」の正式ローンチを発表した。

先月からベータ版が開始していた新サービス「PiggyBank」では、仮想通貨を信用取引を利用するトレーダーに貸付する事で利息を得ることができる仕組みを導入する。サービスの運営はOKExの取引所側が管理する予定になっている。

同取引所内で保有している通貨を貸付する形で、利息を得ることが可能になり、通貨を保有している状況でも支給額がもらえる仕組みとなる。

現在、この新サービスでは以下のOKExで主要な7種の仮想通貨銘柄でサービスが利用可能となっている。またOKExは貸付の上限を設定している。

配当となる利息は変動制が取られていることが予想されており、現状では固定の利息額は不明だ。

サービス利用通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • テザー(USDT)
  • イオス(EOS)

またOKExはそれぞれの通貨に関して貸付の上限を設定しており、上記7銘柄の上限額は本稿執筆時点でそれぞれ以下の通りとなっている。(価格はCoinMarketCap参照

上限額

  • 500BTC…2億円
  • 50,000LTC…1.5億円
  • 20,000ETH…2.5億円
  • 100,000ETC…5000万円
  • 2,000,000USDT…2.2億円
  • 1,000,000XRP…約3790万円
  • 500,000EOS…1.2億円

仮想通貨3銘柄における永久先物取引商品の取引開始

同サービスをローンチしたOKExは今週、イーサリアムの永久先物取引商品の提供開始も発表している。OKExは既にビットコインとEOSでも同様の商品を提供しており、今回の発表内では、今後「LTC, ETC, XRP, BCHとBSV」でも永久先物取引を開始する予定である事を合わせて告知している。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者9,000名突破。

CoinPostの関連記事

世界有数の仮想通貨取引所OKEx、イーサリアムの「永久先物取引」開始|リップルやライトコインも候補に
世界取引高トップ3の仮想通貨取引所OKExは、日本時間12月26日21時よりイーサリアムの永久先物取引『Perpetual Swap』の提供を開始した。現在、ビットコイン・EOSも取引可能。
大手仮想通貨取引所OKEx|最大レバレッジ100倍の新デリバティブ商品「永久先物取引」を発表
世界最大級の仮想通貨取引所の一つで2位の出来高を誇るOKExが、来週11日から最大100倍という高いレバレッジと半永久的なポジション保有を可能にする「Perpetual Swap」のサービス提供を開始すると発表した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加