仮想通貨取引所バイナンスが独自トークンセールプラットフォームを再開|毎月一つのICOをローンチする計画

BinanceのICOローンチパッド復活
世界No.1取引高のBinanceは独自のトークンセールプラットフォームである『ローンチパッド』で、2019年から毎月一つのICOプロジェクトをローンチと発表。今すでに2つのプロジェクトが予定中。バイナンスの最新状況もまとめている。

BinanceのICOローンチパッド復活

2017年には絶頂期を迎え様々なICOスタートアップとそれに期待する投資家が後を絶たなかった。

しかし詐欺まがいの物や期待通りの進展を果たせずに上場できないプロジェクトが続出し、それに伴い投資家達の損失も際立ちはじめ各政府機関も規制に乗り出すなど2018年はICOにとって惨憺たる年になった。

最盛期には多忙だったICOスタートアップ専門弁護士なども最近はさっぱりだと嘆き投資家達もICOから離れ始める中、世界No.1取引高を持つ仮想通貨取引所Binanceはトークンセールプラットフォームである【ローンチパッド 】を2019年に再始動すると発表した。

ローンチパッドとはBinanceで定められた一定基準を満たすアカウント保持者に使用可能で、このプラットフォームから新しく発行されるトークンを購入する事ができ、ICO投資への参加が可能となる。現在二つのICOプロジェクト(BitTorrentとFetch.AI)が近いうちに開始され、その後は毎月一つのICOをローンチしていく予定だと明らかにしている。

選び抜かれたICO

仮想通貨業界でも高い信頼を得ているBinanceとしても、ただ単にICOを紹介する訳ではない格好だ。

毎月ローンチするICOは同社が定めた厳しい基準をクリアしたプロジェクトのみがローンチパッドに載せられる事になる。その基準としてBinance側は以下を挙げている。

  • 全くのスタートアップでなく、ある程度開発が進んだもの
  • 大規模に応用される準備が整っている点
  • 目標と意欲がありしっかりと統制が取れたチーム
  • 仮想通貨エコシステムの成長を促す可能性が見込めるプロジェクト

またBinanceとしてもただ単にICOを選ぶのみでなく、選ばれたICOへのアドバイスもしていく予定だという。

長く仮想通貨業界で信頼を勝ち得てき、過去にもローンチパッドを運営してきた経験から的確なアドバイスを提供しICOを成功へ導いていく方針であり、ICO の中にはしっかりとしたチーム構築に支えられた実用的な応用技術も数多くあり、まだまだICOに対する可能性は大きいとの見方も多いようだ。

さらに、ローンパッドでは、ICOの販売・参加は各地域・国の法的規制に応じて行われるので発行側・参加者はそれぞれの地域において注意する必要があるとも明示されている。

Binance、直近の動き

今回のICOローンチパッドが発表される前に、去年の12月には、同取引所のCEOであるCZ氏は、前から構想・開発されていたBinance独自のブロックチェーン=Binance Chainの進捗に関して、「数ヶ月に完成させる予定」と明かすと同時に、注目されていた、バイナンスチェーン基軸の分散型取引所【Binance DEX】のプレビュー版ビデオと特徴説明も公開された。

Binanceの公式ブログ によると、Binance DEXにもトークンの発行機能が備わっており、以下のようになる。

  • トークンの発行
  • トークンのバーン
  • トークンの凍結と凍結解除

つまり、Binanceには、DEXのローンチに加え、トークン発行のプラットフォームは近いうちに2つとなることだ。

しかし、DEXは今回のローンチパッドと違い、アルゴリズム的には、Binanceの独自のブロックチェーンに準拠するため、ICOやトークンローンチの形式モデルが異なると考えられる。

Binanceは仮想通貨界リーダーの一人として活発な動向を見せており、BNBトークンの採用企業・サービスも増えつつあるため、これからもどのように業界へ影響をもたらすかには、注目が欠かせないだろう。

BNBトークン利用可能なエンターテイメント・決済・旅行サービスの総括。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

バイナンスCZ氏が正式に「リップル基軸」追加を発表|仮想通貨XRPの上場最新状況と経緯を解説‬
期待感が高まっていたXRP(リップル)基軸の通貨ペアが、大手仮想通貨取引所バイナンスに上場することが正式に発表された。本記事では、これまでCZ氏のXRPに関する言及・XRPの分散型取引所上場などの情報もまとめている。
世界取引高No.1の仮想通貨取引所バイナンス|分散型取引所やBinanceチェーンの最新状況
米有力ビジネス誌フォーブス主催のカンファレンスにて、Binanceの代表格CZ氏は開発中のBinance Chainについて、数ヶ月内に完成と言及。これを基軸とした独自の分散型取引所のデモビデオも公開。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら