CoinPostで今最も読まれています

リップルCEO「国際間取引だけで、年間80億ドルの利益を出す”シティバンク”に大きな変化が生まれる可能性」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リップルCEOらがBTC、XRPの将来などに言及
昨日ダボスにて行われたCNBC主催のパネルディスカッションで、リップルCEOのガーリングハウス氏やBCGデジタル・ベンチャーズの設立者らが、今後の仮想通貨・ブロックチェーン業界について議論した。

リップルCEOらがBTC、XRPの将来に言及

昨日ダボスにて行われたCNBC主催のパネルディスカッションで、米リップル社CEOのBrad Garlinghouse氏やBCGデジタル・ベンチャーズの設立者Jeff Schumacher氏らが、今後の仮想通貨、ブロックチェーン業界について語った

このディスカッションの中で、リップルCEOのGarlinghouse氏は、XRPとBTCを比較しながら、通貨の今後について見解を述べた。

現在のビットコインは、スケーラビリティ問題やPoWのモデルに限界が見えているが、これら問題に取り組む開発者も多くいるため、今後改善され、普及する可能性はある。

そのため、ビットコインの価値がゼロになるとは断言できない。

個人的には、ビットコインが本格的に成功を収める可能性があると考えており、Glen氏が言った通り、「価値の貯蔵」として、その役割を果たすことができるかもしれない。

ただリップル社としては、XRPを基に開発を進めている。なぜなら、ビットコインに比べてスケーリングがはるかに優れており、また、ビットコインよりも低価格で素早い処理が可能だからだ。

Garlinghouse氏は、このように、決済機能に焦点を当てた場合、BTCではなくXRPに軍配が上がるだろうと述べている。

XRPの普及が与える影響とは

またGarlinghouse氏は、XRPの普及により、現在の金融システムを根本的に変える可能性があると言及。

同氏曰く、現在は国際決済システムのために10兆ドル(約1,000兆円)を費やしており、もしも仮想通貨の流動性を利用した、リアルタイムでの国際間決済が可能になれば、その10兆ドルが浮くことになるという。

その浮いた資金を他の目的に使うことができるようになるため、あらゆる産業や銀行サービスに好影響を与えるとした。

また「シティバンクは、国際間の流動性管理の13%を占めており、国際間取引だけで、一年間に80億ドル(約8758億円)もの利益を出している。この部分に大きな変化が生まれるだろう。」と話し、仮想通貨、ブロックチェーン技術が巨大金融機関の形を大きく変えることになるとも発言している。

仮想通貨、ブロックチェーン普及の鍵とは

Garlinghouse氏は、仮想通貨、ブロックチェーン業界の成熟化に必要なことについても言及し、「規制当局を含む多くの人々が、仮想通貨と言えば、ダークウェブ「シルクロード」での違法取引を思い浮かべることが多い。そういった点からも、実際に、ユースケースや利用例を世間に早く示す必要がある。」と述べた。

また、世界中の政府は、(仮想通貨の)透明化を進める必要があり、アメリカ政府は、少しその部分で遅れているように感じているとしたが、米証券取引委員会(SEC)が、ICOでの詐欺行為などにしっかりと対応する姿勢は評価しているとした。

そして、こういった規制当局の取り組みが、この業界全体の成熟化につながると結論づけた。

なお、このディスカッションの終わり際に、司会者から出演者に向けて「いつ、この新興技術が普及するのか」との質問が飛んだ。

BCGデジタル・ベンチャーズの設立者Jeff Schumacher氏は、「今年の終わり頃には、それなりに技術力の向上を見ることができると思う。また、金融サービスが最初に台頭してくるとは考えておらず、証明技術などで頭角を現してくると考察している。おそらく、3年後ぐらいに、この動きが出てくるのではないか。」

と見解を述べた。

リップルCEOのGarlinghouse氏は、「短期間で、大きいインパクトを与えるとの考えが蔓延しており、長期的な影響力まで考えが及んでいない。劇的な変化が現れるまでには、少なくとも5年を要するだろう。」と、慎重な言い回しで主張した。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

CoinPostの関連記事

サウジアラビアとUAE、統一仮想通貨開発へ|XRP(リップル)やイーサリアムがデザインモデルとの見方も
サウジアラビア、UAEが共同で仮想通貨の開発を計画中であることが明らかに。両国が「7つの戦略的イニシアチブ」の立ち上げを発表。戦略的イニシアチブには「仮想通貨の共同開発」も含まれていることがわかった。
リップル社CEOが24日の「ダボス会議」関連で登壇|分散型決済システムの新時代は到来するか?
スイスの「ダボス会議(年次総会)」に関連するブロックチェーン経済フォーラムにて、リップル社CEOとポーランド金融大手ペカオ銀行の代表が「2020年の決済システム」について議論する予定。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア