ビットコイン下落に米テック株との相関性・月末のXRP(リップル)大量送金に慌てるべきではない理由とは|仮想通貨市況

仮想通貨市場

ビットコイン下落に、米国市場との相関性

ビットコインテクニカル分析

399億円にも及ぶXRPの送金 慌てるべきではない理由とは?

NEOのブロックチェーンが停止?エクスプローラーの誤作動かは不明

金融市場と仮想通貨

本日の国際金融市場の値動きは、以下の通り。

日付 NYダウ 日経平均株価 ドル円
1/23(水) 24,404ドル(-301) 20,593円(-29) 109.63円(+0.3)
1/24(木) 24,575ドル(+171) 20,574円(-19) 109.69円(+0.6)
1/25(金) 24,553ドル(-22) 20,773円(+198) 109.76円(+0.7)
1/28(月) 24,737ドル(+183) 20,649円(-124) 109.41円(-0.35)
1/29(火) 24,528ドル(-208) 20,664円(+15) 109.43円(+0.02)

昨日大きな下落を伴い、2019年の年初来安値を更新したビットコインは、29日も下げ止まらず下落を継続、米ドル建で3400ドルを割った。

昨日から下落の流れを見ていくと、今回の下落の開始地点で、米国株式市場が下落しており、これまで相関性が度々指摘されていた米テック株の動きに同調していることがわかった。

仮想通貨市場などにも関係するエヌビディア(NVDA.O)も、第4四半期の売上高見通しを5億ドル下方修正したことを嫌気して13.82%急落して取引を終えており、マイニング関連で厳しい状況にある半導体関連の株式の動きが仮想通貨にも波及した可能性がある。

エヌビディアは、2018年の第3決算時、画像処理ユニット(GPU)の仮想通貨マイニング目的での需要が大きく減少していることを明かしており、過剰在庫の状況が業績を圧迫、問題視していた。

テクニカル分析

28日に急落を見せたビットコイン価格の影響で、仮想通貨市場は全面安。NEM(XEM)が一時4円台に突入するなど、投げ売りの様相を呈している。

ビットコイン価格は、ペナント下方ブレイク後の下落から一旦下げ止まったものの、反発の力はいかにも弱い。

フィボナッチ78.6%の3460(37.8万円)を割り込みかけての「リターンムーブ」で回帰できるかが一つの焦点となるが、サポレジ転換して上値抵抗戦と化した場合は、チャネル下限に接触する「3400ドル(37.2万円)」が節目の一つとなる。

これを明確に割り込んだ場合、2018年以降の最安値である34.5〜35万円を試しに行く可能性があるため、警戒したい。

一方、各種の指標やbitFlyerの乖離率-0.8%にあり、新規売りは建てにくい状態にある。3400ドル付近のプライスアクションで慎重に判断したい。

なお、直近1週間のL/S比率では、仮想通貨市場の急落に伴いショートが増える中、ロングポジションも急増していることが確認できる。割安感から”アンカリング効果”で買いを入れている可能性も考えられるため、ポジションチェッカーなどで建値を確認しておく必要がありそうだ。

lschecker

月末のXRP(リップル)大口送金で慌てるべきではない理由

月末にあたる29日、大口の動きをトラッキングするBOT「Whale Alert」が、計3件、12億4900万XRPにも及ぶ大口送金を報告した。

内約は以下の通りだ。

初回送金は、392,834,643XRPが2件、Ripple OTCアカウントからの出金。

3回目の送金は、Rippleのアカウントから海外取引所Bitstampのアカウントに送られたものだ。

日本円にして399億円にも及ぶ送金だが、月末のXRP送金には安易に危険視しない方がいい。

というのも、Ripple社は、OTC取引を通じて機関投資家へのXRP販売を行なっており、これまでの送金の傾向上、月末での入出金が多く見られている。

今回はOTCアカウントからの送金が確認された事例だが、過去にはRipple社のエスクローアカウントなどが関わる送金も確認されている。これらの動きは、Ripple社のXRP販売とロックアップなどの動きが関連している可能性が高いと見られている。(公式の発表はなし)

今回の3件目にあたるBitstampへの送金に関しては、現状不明ではあるが、海外ユーザーのコメントでは、xRapidの顧客でもある同社への販売である可能性が指摘されている。

2017年第4四半期にリップル社は、暗号学的に保証された、エスクロー(商取引の際に信頼の置ける第三者を仲介させて取引の安全を担保する、第三者預託)アカウントに550億XRPをロックアップ。これによって、全体流通量の13%のみにアクセスできる仕組みを取っている。

これが毎月10億XRPのロックアップ期限を迎え、トークン販売などに当てることができるが、これまでの傾向上、満額の利用はなく、その多く(余った分)が再度55ヶ月のロックアップに回される。

これらの動きにより大量送金履歴画ブロックチェーン上で確認されたことになり、月末から月初にかけてRipple社のアカウントに関連した送金履歴へと繋がっている。

大口の送金が確認された場合も、冷静に対処することが必要となる。

NEOのブロックチェーンが停止?

仮想通貨NEOは、NEO Trackerで確認すると、12時間前が最後の3,293,298 ブロックで生成が止まっていることが判明した。

redditのコメントによるとNEO Trackerは、誤作動しており問題なくブロック生成しているとのコメントもあり、現状状況が定かではないが、ブロック生成が確認されていない状況の進展には、注意したい。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名を突破しました。

▶️本日の速報をチェック


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら