米ワイオミング州、仮想通貨を分類する法案が法律へ|3月1日より実施

米ワイオミング州、仮想通貨を分類する法案が可決、3月に実施
米ワイオミング州は、仮想通貨・ブロックチェーン関連技術を積極的に推進していることで注目を浴びている中、先日提出されたデジタル・アセットの法的定義・分類を明文化する法案が、議会による投票で可決され正式に法律となり、3月1日より有効となる。

米ワイオミング州、仮想通貨を分類する法案が可決、3月に実施

米国の西部にあるワイオミング州は、仮想通貨・ブロックチェーン関連技術を積極的に推進していることで注目を浴びている中、先日州議会へ提出されたデジタル・アセット(仮想通貨)の法的定義・分類を明文化する法案 は、議会による投票で可決を受け正式に法律となり、3月1日より、有効となることが判明した。

出典:wyoleg.gov

コインポストは先日この法案の概要を紹介したが、正式に法律となったこのデジタル・アセット法はまず、「デジタル・アセット」をこのように定義する。

デジタル・アセットとは、デジタルフォーマットとして保存される、経済権利・所有権・アクセス権利である。

そして、「デジタル・アセット」を3つの範疇に分類し、それぞれの定義を定めている。

  • デジタル・コンシューマー・アセット: 主に消費利用目的のトークン、無形の個人財産となる
  • デジタル・証券: 企業への投資契約やトランザクション等、第三者の努力の成果による利益を期待する
  • 仮想通貨(バーチャル・カレンシーズ): 交換の媒体、計算単位または価値の保存、連邦政府が認可した法定通貨に該当せず

なお、同法律によれば、仮想通貨(バーチャル・カレンシーズ)は、ワイオミング州の州法律の範囲で「マネー(お金)」として見なされる。

今回可決されたデジタルアセット法の他、ユーティリティ・トークンを資産クラスとして分類する法律の改正案(Wyoming Utility Token Act-property amendments )と、フィンテックにおけるサンドボックスの関連法案も州議会によって可決され、同じように3月1日より実施される。

このように、ワイオミング州政府と業界の推進団体「ワイオミング・ブロックチェーン・連合」は、仮想通貨・ブロックチェーン技術の革新を促進し、関連企業が同州でより容易にビジネスを営める目標に向けて、米国内においても法整備の成果を著しくあげている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米ワイオミング州、デジタル・アセットの法的定義を明確にする法案を提出|仮想通貨が「お金」と同様に扱われるなど
米ワイオミング州が日本時間で19日に新たに提出した法案にて、デジタル・アセットが3つに分類され、法的定義が明確となる。なお銀行を「SEC承認のカストディアン」として成立する監督体制に認める。
米ワイオミング州 仮想通貨・ブロックチェーンの改革法案が委員会で可決|加速する法整備の動向
米時間11日、ワイオミング州議会の委員会はユーティリティ・トークンの改正案と金融技術のサンドボックス法案を可決した。米国内で仮想通貨・ブロックチェーン技術のイノベーションを推進するための法整備の動きが多く見られる。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら