CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨バイナンスコインがBTC建ての「最高値」を記録|3つの高騰理由とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

バイナンスコイン3つの高騰理由
時価総額トップ10に位置し、ICOから現在までに9,600%以上のROI(投資利益率)を達成しているバイナンスコインの価格がBTC建てで高騰している。投資家の関心を集めている理由とは。

バイナンスコインがBTC建て最高値を記録

12日、バイナンスコイン(BNB)が対ビットコインで0.002688BTCで取引され、BTC建てで同コイン史上最高値を樹立した。

バイナンスは、2017年12月のICOから、当時0.10米ドル(約11円)だったトークンの価格を、現在までに9,600%以上のROI(投資利益率)を達成している。

出典:Coinmarketcap.com

しかし、バイナンスコインは、対米ドル(法定通貨)建ての価格では、仮想通貨市況悪化の影響で最高値更新には程遠い。OnchainFXによれば、2018年1月12日に記録した最高値の22.48米ドル(約2,481円)から58%減となっている。

対BTCの最高値の新記録は、ここ数週間で達成された。

出典:OnchainFX

上図の通り、最近はバイナンスコインは、他の有力仮想通貨及びビットコインを大幅上回る90日間であった。また、直近1週間では35%もの価格上昇が確認できる。(ビットコインは5%に留まる。)

Coinmarketcap.comによると、バイナンスコインの成長度合いはさらに勢いを増し、マーケットキャップは約1,460億円を突破、世界の時価総額トップ10の仮想通貨として名を連ねるまでとなっている。

バイナンスコイン、3つの上昇理由

ここからは、バイナンスコインの上昇理由に、どのような要因が考えられるかを考察する。

BNBのバーン

まず1つ目は、バーン施策が挙げられる。

大手仮想通貨取引所バイナンスは、その価値を担保するため、四半期ごとにバイナンスコイン(BNB)のバーンを行なっている。今年1月にも約10億円分の独自トークンであるバイナンスコイン(BNB)をバーンし、通算6度目の焼却期となった。

供給量が減る分、コインの希少価値が高まることになるが、バイナンスコインは発行上限「2億BNB」に対し、最終的に1/2となる「1億BNB」まで段階的にバーンするとしている。

また、バイナンスコインを使用することで、バイナンスの上場審査をクリアしてホワイトリスト入りした銘柄をディカウント価格(手数料0.1%→0.075%)で購入できるため、取引所バイナンスの出来高増加に伴い、その需要も上がり続けることになる。

取引所の流動性向上のためには、板取引で盛んに売買が行われていることが必要不可欠だ。流動性の低い銘柄は上場廃止になることもある中、流動性の高さこそが、取引所の人気を支える重要ポイントであり、大口や機関投資家の呼び水にもなり得る。

ローンチパッドの成功

2つ目は、新しいICOの仕組みとして提案する「Launchpad(ローンチパッド)」の成功だ。

つい先日、ローンチパッドにて行われたTRONプラットフォーム上で動作するトークン「BitTorrent(BTT)」のICOは、人気殺到でわずか15分で約7.65億円以上を売り上げて完売。上場直後には一時10倍に急騰したことで大きな反響を呼んだ。第二弾ICOとして、2月下旬には、機械学習と人工知能に特化したプロジェクトFetch.AIのトークンセールも控えている。

仮想通貨市場全体の市場価値が激減するような厳しい市況が続く中、新トークンが上場後にICO割れを起こすことも珍しい話ではない。BTTの件は、バイナンス主導のICO人気に再び火がつき始めていることを示しており、これが最も投資家のBNB購買意欲を刺激しているものと考えられる。

将来性と経営手腕

3つ目は、バイナンスの将来性と、バイナンスCEOである「CZ氏」のバイタリティが挙げられる。

例えば株式市場でも、経営者の人望などの資質や、展開する事業の経営能力、あるいは業界に対する「先見の明」が、企業価値評価に及ぼす影響は決して小さくない。適性に欠けるリーダーが主導していると市場判断が台頭するような場合は、投資家にとってリスクでしかないからだ。

CZ氏は、仮想通貨業界のリーディングカンパニーであるバイナンスを率いて、移り変わりの激しい仮想通貨市場を牽引してきたカリスマ的存在で、豊富な知見と卓越した洞察力、そして類稀なる行動力を持ち合わせていることは、もはや疑う余地はないだろう。

昨年9月には、「CoinDesk Consensus Singapore 2018」で今後の展望について、「来年秋までに、世界の全6大陸に2箇所ずつ、計5〜10の仮想通貨取引所を設立したい」などと抱負を述べた。

今年1月には、「(ブレグジットを控え)新設した英仮想通貨取引所Binance Jersey Exchangeの登録需要が想像以上で圧倒されている。」と述べたほか、すでにスイスやアフリカにも取引所を開設しており、仮想通貨市場拡大の足掛かりを作るべく、その勢力を順次拡大させている。

将来性に関しては、自社で開発中のメインネット「Binance Chain」や分散型取引所「Binance DEX」への期待も集まる。バイナンスコインのメインネット移行によって立ち位置が変化することも大きな要素と言えるだろう。

なお、CZ氏は12日午後、自社のメインネットに関して、待望のバイナンスチェーン公開テスト日が20日に行われることを明らかにした。

バイナンス・チェーンのテストネットのターゲット日程は2月20日を目指している。これはテストネットなので、ユーザーの方々のフィードバックを期待したい。

したがって、今後もポジティブサプライズが期待できると言えるため、投資家の思惑買いも集まっているようだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米CFTCがスマート・コントラクトの入門書を発行|既存の金融規制に該当すると言及
米CFTCは米国時間火曜日、スマートコントラクトに対する教育本位の入門書を発表した。特筆すべきは「スマートコントラクトが既存の金融規制に該当する点」だ。
米CFTC委員長が期待感を示す:『仮想通貨市場の成熟には機関投資家の参入が鍵』
米国先物取引委員会(CFTC)のクリストファー・ジャンカルノ委員長が大手テレビ局フォックスの取材に対し、機関投資家の参入が仮想通貨市場の成熟につながると期待を述べ、「害のないアプローチ」を継続する姿勢を見せた。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア