ビットコイン開発者、最新仮想通貨マイニング機器「S15」の脆弱性を発見

BitmainS15の脆弱性発見
著名ビットコイン開発者James Hilliard氏が、Bitmain社の最新ASICマイニングマシン「S15」の脆弱性を発見し、実演テスト動画とともに公開した。ビットコインネットワークの健全化に、BITMAIN社のGPLラインセンスのオープンソース化が必要であると強調、対応を要求している。

BitmainS15の脆弱性発見

ビットコインの拡張機能であるSegWitを提案した著名ビットコイン開発者James Hilliard氏が、Bitmain社が昨年11月に発売を開始した最新マイニング機器「S15(ASIC)」に脆弱性があることを発見したと、SNS上で明かした。実際に脆弱性を指摘する動画も公開している。

Bitmain社は、S15をロックダウン(外部からのデータの流入遮断)をしていないことがわかった。私はその脆弱性を確認することができたが、00whiterabbit(デベロッパー)がそのコードを利用して(攻撃の)テストをおこなった。

Bitmain社がGPLライセンス(フリーソフトウェアの一般公衆利用許諾書)に準拠することを交換条件に、私はこの脆弱性のコードをBitmainに開示しようと考えている。

Hilliard氏の動画によると、攻撃者はこの脆弱性を利用し、マイナーの報酬用アドレスを勝手に変更するなどの、攻撃が可能とされているとしており、メッセージで「攻撃者は独自のファームウェアを利用して、S15を再プログラミングすることができる」との警告を伝えた。

同氏が提示した交換条件は、Bitmain社がGPLライセンスの違反を取りやめることをあげており、ビットコインコアのソフトウェアに係るGPLラインセンスのオープンソース化をBitmainに要求している。

Hilliard氏は20日に、界隈有名な仮想通貨情報メディアBitcoin Magazineの取材に対し、「Bitmainのファームウェアは一般的にバグが多いため、Bitmainのユーザーが不備を直す環境はビットコインネットワークの健全化にとって極めて重要だ。それのために、Bitmainのコードのオープンソース化が必要だ。」と語った。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨採掘大手Bitmain、ビットコイン採掘に利用する次世代型7ナノASICチップを発表
Bitmain社が、ビットコインやビットコインキャッシュのマイニングに利用される7ナノASICチップ「BM1397」の発表を行なった。28.6%の電力消費削減を実現、パフォーマンスを向上させた。
ビットコインの非中央集権化に追い風 仮想通貨採掘大手Bitmainのハッシュシェアが16ヶ月最低値に下落
ビットコインマイニングプール大手のBitmainが運営するBTC.comとAntpoolの二つのプールのハッシュレートが16ヶ月最低値まで下落、一時全ネットワークの4分の1になったことがわかった。ビットコインのハッシュレート分散化に追い風となる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら