【公式発表】アルゼンチン政府、年間10社のブロックチェーン事業に出資へ|仮想通貨取引所Binanceとの連携で実現

アルゼンチン、ブロックチェーンプロジェクトをサポートへ
南米3番目の規模を誇る経済を持つアルゼンチンの労働省は、バイナンス・ラボと連携して今後4年間にわたって、毎年10のブロックチェーンプロジェクトに出資していく方針を表明した。政府がブロックチェーン関連企業を支援する歴史的な重要事例に。

アルゼンチン政府、ブロックチェーンプロジェクトに出資へ

世界で1位の取引量を誇る仮想通貨取引所バイナンスの投資部門であるバイナンス・ラボは6日、アルゼンチン政府と連携してブロックチェーン企業をサポートすることを公式に発表した

南米において3番目の規模を誇るアルゼンチンの労働省は、今後4年間に渡って、バイナンスと連携、バイナンス・ラボが出資する同国のブロックチェーンプロジェクト10社に対し、バイナンスの投資額と同額まで(年間最大50000ドル)出資する方針を表明している。

バイナンス・ラボは、昨年にも8つの仮想通貨スタートアップ企業に事業案の改善やサポートにおける支援を行なうなど、ブロックチェーン業界の発展に貢献してきたファンドだ。

アルゼンチン政府がバイナンスと共に、ブロックチェーンプロジェクトに出資していく方針が決まったことについて、Binance Labsの責任者Ella Zhang氏は以下のように発言している。

アルゼンチンはブロックチェーン導入において最先端にある国で、ここのブロックチェーン・コミュニティーは非常に情熱的であることがわかる。

バイナンス・ラボのミッションはブロックチェーン技術のポテンシャルが存分に発揮されることだ。そのため、我々のブエノスアイレス部門を通じてアルゼンチンのブロックチェーン企業にアドバイスやメンタリング、世界的なブロックチェーン技術を活用して地域別の問題解決をサポートしていきたい。

またバイナンスのCEOであるCZ氏は「アルゼンチンに拍手!」などと、政府が積極的に動く状況を賞賛した。

バイナンスは2019年に入ってからも躍進を続けており、1月には主要な法定通貨通貨、ユーロと英ポンド建の仮想通貨取引ペアを「バイナンス・ジャージー」の名で提供を開始しているほか、バイナンス・チャリティー財団の設立も手掛けており、昨年7月に西日本豪雨が起きた際には約1.5億円相当の募金を募り、被災地を支援する団体などに仮想通貨での寄付を行うなど、慈善活動にも注力している。

また1月末から独自のICOローンチパッド上でICOトークンセールを開催しており、現在2つのセールが開始早々に完売するケースとなっていた。ユーザーから信頼度の高い取引所の管理の下行われるトークンセールは2017年に流行していたICOとは状況や安心度が違うことが伺える。

このようにバイナンスが開発と発展を続けていることから、同取引所の独自ERC-20トークンであるバイナンスコイン(BNB)は快進撃を続け、昨日も20%の高騰を観測していた。しかし投資アプリeToroのマーケット・アナリストであるMati Greenspan氏はバイナンスコインがユティリティートークンである

と留意している。

勢いに乗っているBNBをトレードするのは楽しいが、バイナンスコインはユティリティートークンであることを忘れずに。

株式ではないので、バイナンスの利益から恩恵を得ることはできません。また大量に採用事例のある通貨ではありません。投資は自己責任で行なってください。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

大手仮想通貨取引所の「上場廃止基準」が判明|バイナンスがAMAで解答
バイナンスのCZ氏は5日、ツイッター上で2回目の質疑応答を行い、投資家にとって最重要情報である「上場廃止のプロセス」に関して解説した。淘汰の流れを見極める上で重要な意味を持つ。
バイナンスの仮想通貨ICOが22秒で完売|圧倒的需要の理由は?
バイナンスが25日、独自のICOプラットフォーム「バイナンス・ローンチパッド」で2度目のトークンセールを行い、開始から約20秒で完売したことが判明した。 なぜバイナンスICOの需要が拡大しているのか?その理由を探る。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら