CoinPostで今最も読まれています

中期トレンド局面のビットコイン、上昇への休止符は打たれるのか|仮想通貨市況(クリプトキツネ)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

中期トレンド局面のビットコイン、上昇への休止符は打たれるのか|仮想通貨市況(クリプトキツネ)
先週続伸したビットコインは、直近最高値を更新し調整を挟んだ後再び上昇を見せている。4時間、8時間足レベルのダイバージェンスが継続する中、直近最高値の更新ができるのか、あるいは調整を被るのかの局面に接近している。

前回記事の後ビットコインは続伸し、お伝えしたターゲット価格60万3000円から若干オーバーシュートしたものの、60万9000円で最高値を付け下落。現在再び直近最高値付近で推移している。早速、現在のビットコインが置かれてる状況を確認してみることにする。

また今回も前回記事同様に、マルチタイムフレーム(MTF)分析を行う。MTF分析における注意事項は前回記事を参考にされたい。

MTFでのBITFINEXBTCJPYの値動き

MACD観測

4時間足、8時間足共にMACDダイバージェンスが継続している状態であるが、日足レベルではMACDが逆行を開始、調整を挟んだあと上昇トレンドが継続する可能性はかなり低くなっている。

前回記事でも触れたが、8時間足のMACDダイバージェンス解消に伴って日足MACDが下に引きずられた場合はかなり大きな調整が入るものと考えられるため、現在の兆候(日足MACD逆行)は上昇トレンド継続にとっては喜ばしいものではない。さらに、調整いかんに問わず、4時間足MACDはゼロライン付近まで収束しているため、4時間足レベルでの大きな動きに警戒すべき水準に達していると言えるだろう。

MACDダイバージェンス

ダイバージェンス(Divergence)とは、「相違、乖離、逸脱」の意味で、値動きとMACDラインの推移が逆行している現象のことを指す。

RSI観測

4時間足のRSIは直近最高値更新後の下落によって、一度50ラインを割り込んだが、50ライン下に定着することはなく、再び50ライン上に回帰し推移している状態である。

今後、RSIの50ライン下で定着する動きが見られた場合は、初期の下降トレンド再び形成されていると考えることができる。また、50ライン付近でRSIがもつれている場合はトレンドレス(レンジ相場)であるといえるだろう。

RSI(相対力指数)

投資家の心理状況を表す為に考案されたテクニカル指標。このRSIの数字が高いと「買われ過ぎ」、低いと「売られ過ぎ」となり、相場の強弱を教えてくれるテクニカル指標で、株式の世界では一般的には70%以上だと買われ過ぎ、30%以下になると売られ過ぎであると一般的には言われている。

しかし、実践的には30%70%ライン自体はあまり重要ではない。RSIとは、「値動きに対する上昇幅の比率」である。従って、50%ラインを基準に上下の推移でトレンド判断が可能である。

読者の皆さんも一度計算式を見て、インジケータが実際何を表しているのか、ということを自分なりに解釈してみて欲しい。

OBV観測

4時間足レベルでのOBVを確認してみると、18日間程度続くサポートラインを割り込んでいるため、相場のにおける買いがかなり不健全な方向に傾いているという見方ができる。トレンドラインが形成される期間が十分に経過したので次回記事以降も定点的に観測する。

OBV(オンバランスボリューム)

出来高系インジケーターのひとつ。出来高を指数化して、その方向性と資金の流れを捉えるための指標。

今後のシナリオ

上昇トレンド継続の場合

更なる上昇トレンド継続(ないしは暴騰)の場合は、2018年11月19日の大陰線の始値付近である63万3000円(5360ドル)付近がターゲット価格になりうる。前回記事同様、4時間〜8時間足レベルのMACDはダイバージェンスを示唆しているため、ブレイクアウトでの安易な買い入れは危険である。

また、日足MACDを引きずらない形で上昇トレンドの大きな調整が入り、上述ダイバージェンスを解消する場合、55万3000円(4970ドル)付近までの下げは見込んでおくべきであろう。

初期の下降トレンド発生の場合

こちらについては、前回記事と目線にほぼ変わりない。ただし前回記事とは状況がかなり変わってしまったため、下落のターゲット価格は51万3000円(4640ドル)がまず第一に挙げられるであろう。これは日足のSMA200の価格水準である。

総括

上値に対して健全な上昇がかなり困難になってきているビットコインであるが、直近高値更新がないと断言することはもちろんできない。記事内で解説した、上値のターゲット価格である63万3000円付近での値動きや、下落により調整に入った際の値動きを見て、「対応するトレード」を読者の皆さんには心がけていただきたい。

ただし、MACDダイバージェンスによる上値への息切れは観測されているので、4時間足レベルでの安易な買いが危険水準に達しているのは事実である。

適切な資金管理下でのストップ設定のもと、今後の値動きに注目されたい。

Twitter:(@crypto_kitsune

CoinPostの関連記事

弱い上昇トレンド継続のビットコイン、トレンドの方向性を探る|仮想通貨市況(クリプトキツネ)
OBVサポートライン内回帰、反発確認をした仮想通貨ビットコインは、ロング玉とショート玉双方を焼くような激しい動きを見せた後上昇に向かい、現在は今後のトレンドの方向性を探るような値動きとなっている。
ビットコイン有名トレーダーが解説、板トレードやチャートを見る上で大切なこと|青ハチミツダルマ対談【前編】
仮想通貨ビットコインFXを主戦場に、アルトコインやCFD、為替で幅広く活躍する有名トレーダー「青ハチミツダルマ」氏にクリプトキツネが対談式インタビュー。青ダルマ氏のトレード手法から私生活に至るまで、幅広く伺った。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア