CoinPostで今最も読まれています

ネム史上最高セキュリティHot/Cold Walletの作成と使い方を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Cold Wallet(インターネットに接続されない)でありながらHot Wallet(資産を容易に送受信できる)であるWallet
これによりユーザーはオフラインcold storageの安全性を保ちながらXEMを送受信できるようになります。

パート1:イントロダクション

仮想通貨とブロックチェーン技術での新しく革新的なアイデアを紹介します。Cold Wallet(インターネットに接続されない)でありながらHot Wallet(資産を容易に送受信できる)であるWalletをセットアップします。

これによりユーザーはオフラインcold storageの安全性を保ちながらXEMを送受信できるようになります。これはNEMの強力なAPI及び完全に新たなコードによる層によって設計された構造のおかげです。

仮想通貨の出現によってこの新たな分野において利益及び投資の増加を目の当たりにしましたが、それに伴ってセキュリティー(安全性)について考える必要が出てきました。

幸いなことに、理想的な状況ではブロックチェーン技術は自身のプライベートキーを管理しているという条件の元、このことを頭に入れた上で作られます。

NEMは仮想通貨時価総額において一貫してトップ10にランクインしており、開発者やユーザーがセキュリティーを強化できる簡単で直観的な方法を提供しています。

これを実現するために我々はwalletの「air-gapping」を実行します。つまりwalletが一度もインターネットに接続することなく、そしてインターネットに接続している他のデバイス(例えばハードウェアwallet)とも繋がることもなく、暗号通貨の送受信が可能になります。

では、安全性をさらに確保するには何ができるでしょうか?

二つのコンピューターがあればサイバー攻撃を防ぐためにプライベートキーをインターネットから離すことはもちろん可能です。

単に取引をオンラインで作り、キーを守るためにオフラインでサインをし、再びオンラインで放送すればいいだけです。これが「air gap」保護もしくは「cold storage」と言われているものです。

「Air-Gapping」

Air-gappingのアイデアは二つのデバイスを所持しているところから始まります。

一つはインターネットにアクセスでき、もう一つは「一度も」インターネットに接続しないという条件があります。

プライベートキーをそこに保管するため、「一度も」インターネットに接続しないという条件が非常に大事です。

今回は普段から使われることがなくなったアンドロイド携帯を使います。本質的には取引の作成とサインの伝達を離すということを行います。

作成とサインはオフラインデバイスで行われ、伝達はオンラインデバイスで行われます。これは前から技術に精通している開発者からすると理論的に可能であるとされていたが、今回初めてほぼ誰でも使えて追加ハードウェア購入を必要としない実験用アプリを提供します。

これが実験用の概念実証アプリであり、注意深く扱われるべきであることを理解しておく必要があります。よってNEMチームはこのアプリの利用による資金の損失については責任は取れません。

パート2:開発過程

パート2では作成・サインアプリ(Cold)と伝達アプリの二つの過程があります。

作成・サインアプリ(Cold)

両方のアプリはプラットホーム間コンプライアンスを可能とするためにイオニア式枠組みで作られています。さらにNPMで利用できるNEM-SDKは広範囲にわたってこのアプリに使われています。

作成・サインアプリのためには以下のことを実現しなければなりませんでした:

  1. モバイルアカウントQRのスキャン
  2. QR及びWalletをデコードし、プライベートキーを回収
  3. 回収したプライベートキーを使って取引を作成しサインする
  4. QRを生成

全過程については詳細に説明しませんのでコード全体のGitHubリンクはこちらにあります。

しかし、正確に文書として記録されていなかったがために難解だった部分については話します:QRのデコード及びWalletの解読。

QRコードの解読は割と簡単であり、それに似たjson オブジェクトが得られました:

次の関数を使用して、上記のオブジェクトでウォレットを復元化しました。

この関数の結果は、トランザクションを作成して署名するウォレットの秘密鍵です。

その後、伝達アプリケーションによってスキャンされるQRコードが生成されます。

熟読したい方向けに、コード全体がここにあります。

伝達アプリ

伝達部分は割と簡単でした。Cold Walletによって生成されたQRコードをスキャンし、与えられた終了点へのPOSTリクエストをすることでブロックチェーンへと伝達させるだけでした。

注:この終了点はこちらからアクセスできる利用可能なNEMメインネット節のリストから選ばれました。

さらに詳しく知りたい方はGithub

パート3:Hot / Cold Walletの利用チュートリアル

資金を動かす際にpaper walletの利用によってセキュリティーの層が一つ追加されます。

これによりほぼ完全なcold wallet環境を実現できます。前もって説明したように二つのスマートフォンが必要になります:インターネットに接続するものとしないもの。

取引サインアプリに移動させる前にオフラインのiOS/Android/NanoWalletアプリによってwalletを作ってバックアップすることも可能です。

OSが新しくインストールされたアンドロイド携帯を使用することを勧めます。そして取引サインアプリをインストールし、デバイスの寿命が尽きるまで携帯を飛行機モードに切り替えておきます。

注:飛行機モードに切り替えた後にアプリをインターネットに接続してしまうとオフラインサインアプリによるセキュリティーを無効にしてしまいます。

以下のようにアプリをインストールします:

  • ・取引放送アプリ:インターネットに接続する携帯にインストール
  • ・取引サインアプリ:インターネットに接続しない携帯にインストール

準備を進める

このステップではpaper walletを作ります。これはインターネットに接続されていないPCで行うことを勧めます。

これによりさらにcold環境に近づき資金をwalletからとwalletへと移動できます。Paper wallet生成アプリをダウンロードし、以下の情報に従ってください:

  • ・左にあるQRコードには誰とでも共有できるNEMアカウントアドレス情報があります。このアドレスを送ることによって資金が貸方に記入されます。
  • ・右上にあるQRコードにはパスワードが暗号化されたプライベートキー情報があります。NanoWalletとスマートフォンは両方ともプライベートキーを含む同じQR構造をもっています。
  • ・右下のQRコードはプライベートキー自身です。一般的なQRコードリーダーを使って秘密のキーストリング自身を読み込むことができます。

Cold Walletから資金を引き出す方法

NEM Hot / Cold Wallet

古いもしくはインターネットに繋がらないスマートフォンでこのアプリを起動しましょう。このアプリがオフラインで取引をサインします。

  • ・Wallet QRをスキャン:Paper walletの右上にあるQRコードをスキャンすることでプライベートキーを入手することができます。
  • ・手動入場:宛先アドレス/送金額/メッセージ/プラベートキーを手動で入力します。しかし用意されたインボイスQRコードをスキャンすることも可能です。インボイスはNanoWalletもしくはiom.ioで入手できるAndroid/iOS NEMアプリで容易に作ることができます。

パスワードを入力して、プライベートキーを復元して取得します。

入力後、QRリーダーが起動し、QRコードをスキャンして、最終的に、提供されたウォレットのプライベートキーフィールドに入力します。

この画面では、復元化が成功するとプライベートキーが自動的に入力されます。

準備されたINVOICE QRをお持ちの場合は、前と同じように ‘SCAN INVOICE’を押すと、カメラにINVOICEのQRコードをスキャンするように促すことができます。

そこに、あなたの「NEMアドレス」、「金額」および「メッセージ」フィールドが自動的に入力されます。

必要なすべてのフィールドを入力すると、 ‘SIGN TRANSACTION’ボタンが有効になります。

「SIGN TRANSACTION」ボタンを押すと、ネットワークに伝達される最終的なQRコードを含む新しいページが表示されます。

このQRコードは、「トランザクション伝達」アプリによってスキャンされます。

トランザクション伝達アプリ

定期的に使用するスマートフォンにインストールしたこのアプリを起動します。 例えば、インターネットに接続されているものなどの。

SCAN QR CODEの説明をします。

SCAN QR CODEボタンを押して、生成したQRコードを他の電話機(スマートフォンなど)の「NEM Hot / Cold」ウォレットアプリでスキャンします。

スキャンが成功すると、「BROADCAST」ボタンが有効になり、トランザクションをNEMネットワークに伝達できます。

伝達が成功すると、以下のようなメッセージが表示されます。 トランザクションハッシュと「成功」または「失敗」メッセージで完了します。

不十分な金額などの場合は、エラーメッセージも表示されます。

以上となります。 これで、オフラインウォレット、NEMホット/コールドウォレットから送受信されました。

NEM Hot/Cold Wallet: The First Ever NEM Cold Offline Wallet You Can Use To Send And Receive Funds

参考記事はこちらから
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
08:40
コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
07:50
コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
07:15
コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
06:45
モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。
09:52
IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧