ビットコインが逃避資産として優れている理由 米仮想通貨投資ファンドCEOが解説

米投資ファンドCEO、ビットコインの優位性を説明
米国の仮想通貨投資運用ファンドのCEOであるMark YuskoがCNBCの経済番組にてビットコインが一般的な金融商品より優れている要因を解説。ビットコインが逃避資産として着目される理由とは。

ビットコインの優位性

米国の仮想通貨投資運用ファンドのモルガン・クリーク・デジタル社のCEOであるMark Yusko氏が米CNBCの経済番組「Fast Money」にてビットコインがリスク逃避のための資産として優れていると述べた。

現在、米中貿易摩擦などで大きく揺れる金融市場に対してビットコインが優れている点を仮想通貨への投資に定評のあるMark Yusko氏が3つ挙げた。

・年初来からの上昇率

・相関性が低い

・分散投資として最適

Yusko氏は年初来から100%以上の上昇を見せているビットコインに対して、株式市場において重要な指標とされるS&Pは15%程度の上昇しか見せていないと発言。

本日のビットコイン価格は現在88万円ラインを下回った水準で取引されているが、年初来の騰落率を比較するとビットコインはそれでも+101%、S&Pは13.9%の上昇を見せている。

出典:TradingView

さらにこのような価格の上昇率に加え、Yusko氏はビットコインが一般的な株式などの資産と相関性が低いこともビットコインの特徴であると指摘。そのため、投資資産を分散してリスクを最小限に抑える「リスクヘッジ」という投資手法に適しているとも述べた。

ビットコインがその他の資産と相関性が低いことは以前からも様々な専門家が指摘してきた。今年1月に仮想通貨メディアCryptoSlateが米株式市場とBTC価格を分析した結果、2つの金融指標において相関性が確認されていなかった

リスクヘッジでは一般的に多種多様な業界へ分散投資することで万が一の急落時の資産減少を抑えるものだが、ボラティリティの高く上げ幅で期待のできるビットコインを含むことでポートフォリオの多様化(Diversification)が望めるとYusko氏は言う。

米CNBCの仮想通貨投資アナリストのブライアンケリー氏もポートフォリオの2-5%をビットコインに投資することを推奨しているほか、米国の大手仮想通貨投資運用ファンドのGenesis Trading社のマイケル・モロ氏もコインポストの取材に対して「投資資産の1%までをビットコインに当てるべき」と言及していた。

ビットコインは最近91万円の価格帯に3度挑んでいるものの、突破できていない。しかし長期的にはビットコインのマイニング半減期が1年以内に迫ってきたことで1、2年のスパンで見ると上昇トレンドが専門家の間では示唆されている。今後もビットコインが株式や債権など他の資産とどのように異なる動きを見せるか、注目していきたい。

CoinPost関連記事

4年ぶりの最重要ファンダ「ビットコイン半減期」まで残り1年、仮想通貨市場への影響を探る
2020年5月頃に見込まれるビットコイン半減期。2016年以来、4年ぶりの”最重要ファンダ”が仮想通貨市場に与える影響と、海外専門家の見解など今後の展望を解説。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら