TRON [トロン] TRX

TRX/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

TRX 基礎情報

TRON(トロン)は、ブロックチェーン技術を活用した真の分散型インターネットと、グローバルな無料コンテンツエンターテインメントシステム構築を目指しています。TRONプロトコルは、開発者がスマートコントラクトや分散型アプリケーションを作成し、データや他のコンテンツを自由に公開、所有、保存できるようにすることができるブロックチェーンに基づくオペレーティングシステムのアーキテクチャです。このネットワークを取り巻くエコシステムは、大規模なスケーラビリティと一貫した信頼性を提供することに特化しており、トランザクションを高速処理できます。

TRX関連ニュース

09/27 (日)
盗まれた仮想通貨、ハッカーが一部売却へ
Kucoinのハッキング事件から1日、各仮想通貨(暗号資産)事業者が協力して、流出資金を取り戻す動きを続けている。一方で、出来高が増加した分散型取引所を利用して、一部の資産を売却する動きも確認されており、業界を網を掻い潜ろうとするハッカーの動きも見られている。
09/25 (金)
TRONブロックチェーン、ビットコインとイーサリアムをトークン化でDeFi分野狙う
仮想通貨トロンのプロジェクトとカストディ企業BitGoが戦略的提携を締結。ビットコインとイーサリアムをトークン化し、トロンのネットワークにおけるDeFiのエコシステム拡大を目指す。
09/16 (水)
TRONのDeFiプロジェクトで出口詐欺の疑い、ロックされた資産1.4億円がアクセス不能に
仮想通貨トロン(TRX)が先月18日にローンチした独自DEX「JustSwap」が、公式にホワイトリスト入りを発表したトークンが、出口詐欺である可能性がコミュニティから指摘された。
09/09 (水)
欧州の仮想通貨取引所、ビットコインなど6銘柄が不正流出
欧州の仮想通貨取引所ETERBASEのホットウォレットから、ビットコインなど6銘柄が不正流出した。被害総額は532.3万ドル(約5.6億円)に上る。
08/21 (金)
仮想通貨テザー、1050億円相当のUSDTをチェーンスワップ 全供給量の約8%
仮想通貨テザー(USDT)の全供給量の約8%に相当する10億USDTを、テザー社がトロンからイーサリアムのブロックチェーンに移行。テザー社はこれまでも度々USDTのチェーンスワップを行っている。
07/09 (木)
仮想通貨の人気ランキング、PoS銘柄がトレンドに=eToro
eToroの6月度のレポートから、コンセンサスアルゴリズムに「Proof of Stake(PoS)」を採用している仮想通貨の人気が高まっていることが分かった。今後はこの傾向が強まると説明している。
06/22 (月)
仮想通貨の個別銘柄、日本と世界で関心度に大きな温度差─ビットコイン・イーサリアム・XRP(リップル)の現在
国別の関心度データを分析したBlockchaincenter.netの「Cryptocurrency World Map」を元に、世界の仮想通貨関心度を読み解く。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、XRP(リップル)の関心度は、国別に異なる?
06/19 (金)
中国仮想通貨格付け最新版:ビットコインとXRPが2ランクUP
中国産業情報技術省(CIID)は18日、37のパブリックチェーンを総合的に評価した仮想通貨格付けランキングの最新版を公開した。ビットコインとXRPの順位が共に2段階引き上げられた。
04/28 (火)
サムスンのアプリストア、トロンのdAppsを取り扱い開始 ブロックチェーン技術の普及拡大へ
韓国最大手サムスン電子のアプリストア「Galaxy Store」が、トロンのブロックチェーンを利用したアプリの取り扱いを開始。本アプリストアで専用のセクションを持つブロックチェーンプロジェクトはトロンが初だという。
04/14 (火)
中国仮想通貨格付け最新版:ビットコインとリップル(XRP)の順位後退
中国産業情報技術省CCIDは、最新版ブロックチェーン(仮想通貨プロジェクト)格付けを公開。ビットコインやリップル、スチームなど順位が後退した。
04/06 (月)
バイナンスやBitMEX親会社など、仮想通貨企業7社に対する集団訴訟 有価証券販売・価格操作で
法律事務所のRoche Freedmanが、仮想通貨企業に対して、11件にも及ぶ有価証券の販売や市場操作に関する集団訴訟をニューヨーク連邦地裁へ提出したことがわかった。
03/13 (金)
世界最大のポルノサイトPornhub、10%が給与払いに仮想通貨を選択
世界最大規模のアダルトサイト「Pornhub」では、パフォーマーの約10%が仮想通貨での給与払いを選択していることが分かった。同社幹部が仮想通貨のメリットや今後の計画について語っている。
12/11 (水)
速報 米バイナンス、新たな上場検討仮想通貨リストを公開 ネムやテゾスなど18銘柄がリスト入り
米国版バイナンスの仮想通貨取引所「Binance .US」が新たな上場検討リストを公開した。第二号として発表された新リストには、ネムやテゾスなど新たに計18銘柄がリスト入りした。
12/05 (木)
出来高1位の中国OKEx、仮想通貨XRPやLTC含む新規デリバティブ取引を提供開始
中華系大手仮想通貨取引所OKExは複数のデリバティブ取引を新規に取り扱う。アルトコインのUSDT建の先物取引を開始するほか、USDT建ての永久スワップ取引を正式ローンチする。
11/26 (火)
200万件以上のホテル予約、20銘柄以上の仮想通貨決済が可能に Booking.comとTravalaが提携
仮想通貨で宿泊料金を支払うことができる旅行プラットフォームTravalaは、大手Booking.comと提携、230か国以上の宿泊先で仮想通貨決済により予約が可能に。ホテルの数で世界最大のオンライン旅行代理店へ。
08/01 (木)
中国・仮想通貨格付け最新版(第13回)を公開、TOP5に変動も
中国の行政機関であるCCIDのブロックチェーン研究所が、仮想通貨に関連する第13回「パブリックチェーン技術評価」を公表。ビットコインが今回もランクアップした他、イーサリアムがランクアップするなどTOP5に変動が見られた。
06/17 (月)
トロン代表が落札したバフェット「5億円昼食」、ライトコインのチャーリー氏もゲスト参加へ
TRONのCEOが、世界三大投資家バフェット氏との会食権を5億円で落札した件で、ライトコイン開発者のゲスト参加が判明した。ゲストは最大7名まで招待可能で、高い関心が集まっている。
03/27 (水)
2019年以降、ビットコインよりも高い時価総額上昇率を見せた仮想通貨銘柄37選
2019年以降も低迷を続けるビットコイン市場だが、時価総額を上昇させているアルトコインも散見された。今回は、時価総額が1億ドルを超えている仮想通貨銘柄37選と、主な銘柄の上昇理由を掲載する。
03/26 (火)
海外仮想通貨取引所2社にハッキング被害 ビットコインやイーサリアム、XRP(リップル)等が19種類が流出
「DragonEX(ドラゴンEX)」と「BiKi.com」が、ハッキング被害を受けたことをユーザーに報告した。BTCやETHの他、数多くのアルトコインも流出被害にあったことがわかっている。なお、DragonEXは出来高基準で世界31位の取引所となる。
03/24 (日)
第11回『国際ブロックチェーン格付け』仮想通貨リップル(XRP)順位が2つ上昇、ビットコインは15位と現状維持
中国の行政機関であるCCIDのブロックチェーン研究所は、仮想通貨に関連する第11回「パブリックチェーン技術評価」を公表。リップルは前月比で2つ順位を上げ、ビットコインのランクは変動せず15位を維持した。