ビットコイン(BTC)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
09/10 (火)
日本の仮想通貨市場、7月にXRPとMONAを買い増す動き 証拠金取引がトレンドに=JVCEA最新資料
JVCEAが、仮想通貨交換業者18社の会員統計情報(国内市場データ)を公開。18年の下落相場を経て証拠金取引額が大幅増加、7月にはXRP(リップル)など一部アルトコインを買い増す動きが観測された。
CoinPost
08/31 (土)
インドの富裕層、仮想通貨が4番目の人気資産|BTC・ETH・XRPがトップ3
調査によると、インドの富裕層(いわゆるスーパーリッチ)において、仮想通貨は4番目に人気のある資産になっている。中ではビットコインが最も人気だ。
CoinPost
08/23 (金)
「ビットコイン(BTC)ドミナンスは実質90%」出来高も含めた仮想通貨市場シェアを算出
ブロックチェーン分析企業Arcane Cryptoは、投資家の市場判断指標であるビットコイン(BTC)などのドミナンスを計測するときに、「時価総額/総時価総額」の算式だけではなく、全通貨の出来高(流動性)も考慮する必要があると指摘した。
CoinPost
08/22 (木)
テロ組織が仮想通貨の利用を促進か=中東の報道研究機関MEMRI
米国の首都にある「中東報道研究機関(MEMRI)」は、中東のテロ組織が仮想通貨を資金調達の手段として利用することを促進する傾向が高まっていると指摘。匿名性通貨など一部の利用銘柄も判明した。
CoinPost
08/21 (水)
オーストリアの大手通信事業者A1、7店舗で仮想通貨決済を導入
530万人以上のモバイルユーザーを有するオーストリアの通信プロバイダのA1テレコムが、仮想通貨による決済導入を発表した。7つの店舗で仮想通貨決済が出来るようになる。
CoinPost
08/10 (土)
米国版バイナンスで30銘柄の仮想通貨上場を検討 BTC・ETH・XRP・BNBほか
バイナンスの米国版「バイナンス US」は、ビットコインやXRP、BNBやETHなど、計30銘柄の仮想通貨の上場を検討中とのことを伝えた。本家バイナンスの「9月12日」利用制限に向けて米国事業の進展が加速。
CoinPost
08/01 (木)
中国・仮想通貨格付け最新版(第13回)を公開、TOP5に変動も
中国の行政機関であるCCIDのブロックチェーン研究所が、仮想通貨に関連する第13回「パブリックチェーン技術評価」を公表。ビットコインが今回もランクアップした他、イーサリアムがランクアップするなどTOP5に変動が見られた。
CoinPost
07/31 (水)
SBIVC、仮想通貨板取引の「VCTRADE Pro」開始|JPY建XRP、BTC、ETHの3種類
SBI VCトレード株式会社は31日、仮想通貨の取引所方式での仮想通貨の現物取引サービス「VCTRADE Pro」を開始することを発表した。取扱ペアはXRP/JPY、BTC/JPY、ETH/JPYの3種類で、今後ともサービスを拡充していくとしている。
CoinPost
07/25 (木)
仮想通貨高騰にイーサリアムが先導か 今後アルトコイン市場が再注目される可能性を考察
ビットコインが1万ドルに復調に、イーサリアムの主導上げが影響した。2018年より低調続くアルト市場に復調の兆しが見える理由を考察した。
CoinPost
07/18 (木)
コインチェックの取引人数ランキング、ビットコインを抜いてXRP(リップル)が1位を獲得|ネム(XEM)も人気仮想通貨に
Coincheckが、取引所ユーザーのデータを数値、グラフ化したインフォグラフィック「Coincheck Data」を公開。日本におけるXRP(リップル)とネム(XEM)がアルトコインで人気を博していることがわかった。
CoinPost