イーサリアム再び3000ドル台に接近、機関投資家の資金フローは2週連続流出超過

世界情勢と仮想通貨市況

21日の米株式市場は、ダウ平均が前週末比201ドル94セント(0.6%)安の3万4552ドル99セントで取引を終えた。

連休明けの東京株式市場では、日経平均株価が続伸。

利上げ観測で警戒感の高まっていた3月米連邦公開市場委員会(FOMC)通過によるアク抜けのほか、ウクライナを巡る地政学リスクと経済制裁情勢、原油高が一服したことが買い戻しの背景にあるものと見られる。

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格は前日比+3.6%の503万円(42,046ドル)と上昇。

再び42000ドル台に乗せた。

BTC/USD日足

オンチェーンアナリストのウィリー・ウー氏は、暗号資産時価総額2位のイーサリアム(ETH)が、3ヶ月以上に渡る弱気トレンドラインをブレイクする兆候があると指摘した。

合意形成アルゴリズムのPoS(プルーフ・オブ・ステーク)移行に進展が見られたことも材料視された。

関連:イーサリアム、PoS移行に進展 最新テストネットで「The Merge」を実行

ETH/USD価格は再び3000ドルを伺う展開にある。2月高値は3284ドル、3月高値は3045ドル。

ETH/USD日足

BTC建の通貨ペア「ETH/BTC」が反転しており、アルト市場にも資金が入り始める兆候も散見される。レジスタンスライン(上値抵抗線)を上放れた場合、ETH先導のアルトシーズンのサイクル回帰も起こり得る。

ETH/BTC週足

ただし、ブロックチェーン分析プラットフォームのSantimentのデータによれば、現在のETHのオンチェーンボリューム129億ドルは、200日移動平均(MA)の142億を下回って推移しており、投資家の関心低下を示す。

Santiment

過去1年間にETHを購入した投資家の平均利益/損失を評価するために用いられる365日市場価値から見る実現価値(MVRV)モデルは、21日時点で–9.3%と低迷する。

Santiment

一方-10%未満の水準は、損失(含み損)を抱えた短期保有者が売却(損切り)していることを示唆する。相場サイクルの底値圏ではさらなる売却リスクが比較的低く、長期保有者がポジションを積み増す傾向があるため、買いの「オポチュニティゾーン(好機)」と呼ばれることがある。

過去3ヶ月で、イーサリアム(ETH)100,000ETH〜1,000,000ETHを保有するクジラ(大口投資家)は145から140まで5頭微減した。ウクライナ情勢の影響で地合いが急悪化したことが背景にあると見られる。

上位1,000頭のクジラの活動を追跡するWhaleStatsのデータによれば、エイプコイン(APE)の売買が活性化しているという。10位のイーサリアムクジラは420万ドル相当購入したことを示した。

エイプコイン(APE)は、Ape財団が後援するApeCoin DAOが17日に発表した独自通貨。エコシステムにおいてのネイティブ・ガバナンストークンで、高級NFTコレクティブルとして人気を博す「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」、および姉妹コレクションのMAYCホルダー(保有者)向け特典としてエアドロップ(無料配布)された。

その後、バイナンスやFTXなど大手取引所に上場している。

機関投資家の資金フロー

資産運用会社CoinSharesが22日に発表した週次レポートによれば、暗号資産(仮想通貨)投資信託などのデジタル資産に対する機関投資家の資金フローは、2週連続で流出超過となった。

18日までの週間データでは、北米のプロバイダーを中心に4,700万ドルが流出した。地政学リスクに伴うポートフォリオの調整が考えられるという。紛争が始まって以来、ウクライナとロシアでは取引量がそれぞれ160%と150%増加している。

CoinShares

関係筋によれば、22日には著名投資家レイ・ダリオが創業したBridgewater Associatesが暗号資産ファンドへの投資を準備していることがわかった。coindeskが報じた

Bridgewater Associatesの運用資産(AUM)は1,500億ドルに上る世界最大手ヘッジファンドだが、支援は限定的なものに留まると見られる。

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します