CoinPostで今最も読まれています

豪政府、仮想通貨規制の明確化に本腰

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

財務省が諮問文書を公開

オーストラリア財務省は21日、暗号資産(仮想通貨)サービス事業者に対するライセンス制度およびカストディ要件に関する諮問文書を発表。5月27日まで、業界や一般からのフィードバックを募集している。また、豪政府は今年末までに仮想通貨の分類を完了する予定だが、その参考とするため、トークンの種類に関する意見も同時に求めている。

この諮問文書の公開と意見募集は、豪政府による仮想通貨の規制明確化のための第一段階に位置づけられている。ジョシュ・フライデンバーグ財務大臣は昨年12月、包括的な決済システム改革の一環として、仮想通貨ライセンス制度の導入を示唆。業界との協議を開始する意向を明らかにしていた。

関連:豪州、仮想通貨の規制整備に本腰か

同文書の公開にあたり、ジェーン・ヒューム デジタル経済担当大臣は、消費者が仮想通貨取引で取引所を信頼できる体制の構築に取り組んでいると、次のように述べた。

政府は、絵画や企業の株式を保証することができないように、仮想通貨を保証することもできない。また、そうすべきでもない。しかし、取引所やカストディ会社、ブローカーなど、オーストラリアで仮想通貨エコシステムに従事する事業者が、より優れ、より安全でより堅牢な規制の枠組みの中で、運営することを確実にすることは可能だ。

仮想通貨二次サービスプロバイダーを規制

財務省は「最も適切な規制対象」は、投資家や消費者にサービスを提供している、取引所やディーラー、ブローカーなどの「仮想通貨二次サービスプロバイダー」(CASSPrs)であると主張。今回、提案されたライセンス制度は、秘密鍵の保管や仮想通貨サービス事業を運営する責任者の適性などを含む、最低限の行動基準の枠組みを提供するものだとしている。

その結果、「規制が明確化され、消費者と企業の双方に信頼がもたらされる」ため、国内の仮想通貨エコシステムへの投資とイノベーションが促進されると文書はまとめている。

仮想通貨規制の原則

文書では、仮想通貨規制の基盤となる二つの原則を提示している。

  1. 製品やサービスは、もたらされるリスクの可能性に応じて規制されるべきである
  2. 規制は技術に対し中立であるべき。技術を見通すことで、そのリスクに基づいた一貫した規制の適用を目指すべきである。

この原則を踏まえると、ある技術の使用または資産のトークン化は、自動的にその規制上の取り扱いを決定するものではないと、財務省は主張。そして、基礎となる商品、サービス、資産に既に提供されている制度が、「現実的な範囲で」対象となる仮想通貨にも適用されるべきだと述べた。

財務省は、「リスクに基づく一方で技術にとらわれないアプローチ」で、今年度末までに仮想通貨を分類した「トークン・マップ」を完了する予定。より現実に即した仮想通貨規制の基盤になると期待されている。

FTXが現地法人設立

豪政府はオーストラリアと世界経済における仮想通貨エコシステムの重要性が増しており、「イノベーションと競争を促進するためには規制の確実性が必要である」との認識を示している。

同政府による仮想通貨と親和性の高い規制の取り組みが明らかになる中、大手仮想通貨取引所FTXは21日、オーストラリアに現地法人を設立すると発表した。拠点は同国最大の人口を誇るシドニーに置かれる。

FTXは現地の金融サービス・ライセンスを取得。オプション、先物、差金決済取引(CFD)などのデリバティブ商品を提供する予定だという。

財務省によると、オーストラリアではこの3年間で80万人以上が仮想通貨取引を行い、昨年は前年比で63%の増加となった。

FTX

FTXとは、「SBF」の通称で知られるサム・バンクマン・フリード氏が最高経営責任者を務める仮想通貨取引所。主にデリバティブを提供する取引所で、出来高はバイナンスに次ぐ規模だ。最近は、米プロeスポーツ組織「TSM」の命名権を獲得するなど、積極的にプロモーションを行なっている。

▶️仮想通貨用語集

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア