イーサリアム(ETH)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
09/06 (木)
国際送金会社TransferGoが米リップル社のブロックチェーン技術を使用:インド市場の普及率を後押し
国際送金会社TransferGoが、米リップル社のブロックチェーン技術を使用したリアルタイム国際送金を開始した。数千億円規模の市場とされる「ヨーロッパ→インド」の送金を可能にする。
CoinPost
09/05 (水)
ビットコイン1ヶ月最高値を更新、米投資ファンド運用額も211億円増と勢い増す|仮想通貨市況
BTCは昨夜19時に7333ドルを上抜けし急上昇、一時7417ドルに達し、1ヶ月間最高値を更新した。また個人投資家と機関投資家など大口の動きも盛んになり、相場の盛り上がりを予感させる展開に。
CoinPost
09/03 (月)
ヨーロッパ6カ国での329以上の店舗で仮想通貨決済を導入|日本でも人気を博すネム(XEM)もサポート
エストニアのデジタル通貨の決済プロセッサーであるPaytomatは、ヨーロッパ各地の小売店が様々な種類の人気仮想通貨を決済導入できるプラットフォームを提供、利用を促している。
CoinPost
09/03 (月)
英仮想通貨取引所が「永久先物取引」を発表|リップル、ビットコインキャッシュとのドル建てペアは世界初
英国に本社を置く仮想通貨先物専門取引所Crypto Facilitiesは永久先物取引を開始したと公式発表、アルトコインのドル建てペアは世界初となる。 ペアは6種類:XBT(ビットコイン)/USD、BCH/USD、ETH/USD、XRP/USD、LTC/USD、XRP/XBT
CoinPost
09/01 (土)
Huobi研究所提供ブロックチェーンビッグデータWeekly Report:上位10通貨のうち発行枚数に対して取引量が多かったのはETCに
仮想通貨取引所の中でも大手取引所のHuobi社の研究所でリリースされているレポートをCoinPostで日本語に訳し、皆様にお届けいたします。
CoinPost
08/30 (木)
米資産運用ファンド最新運用額、ビットコインは増加するも全アルトコインが大きく減少|仮想通貨市況
ビットコイン相場は30日、12日ぶりに前日比マイナス3%を記録し、好調を維持していた相場に調整が入りました。また米資産運用ファンドが資産運用額を公開、ビットコインのみ資産運用額が増加傾向となり、アルトコインに減少傾向が見られた。
CoinPost
08/30 (木)
米ヤフーファイナンス:ビットコイン、イーサリアムなど4種類が仮想通貨プラットフォームで売買可能に
米ヤフーファイナンスの売買プラットフォームで、仮想通貨ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインが売買可能になった。日本のYahoo! JAPANも今秋に仮想通貨取引所のサービス開始を目指している。
CoinPost
08/29 (水)
5分で読める:国内外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (8/29)
毎日配信中の忙しい投資家でも読みやすい夕刊コインポスト。CoinPost編集部が「重要度」の評価を付けているので、見逃せないニュースの情報収集にお役立て下さい。
CoinPost
08/29 (水)
モルガンクリークが仮想通貨のインデックスファンドでリップル(XRP)を除外した理由
約1650億円の資産運用会社「モルガンクリーク」が設立した仮想通貨インデックスファンドが、時価総額上位のリップル(XRP)やステラ(XLM)を含まない理由が明かされた。
CoinPost
08/24 (金)
カナダ最大の仮想通貨取引所がヨーロッパ進出計画、XRP:法定通貨ペア含む
カナダ最大の仮想通貨取引所Coinsquareがヨーロッパ進出する。CEOは「EUの巨大市場に参入することは、21世紀のグローバルな金融機関になるビジョンに近づく刺激的なステップであり、”安全かつ直感的なインターフェイス”を提供できることに興奮している」と述べた。
CoinPost