手数料なしのNFTマーケット実現へ OpenSeaが「Immutable X」統合を計画

OpenSeaがレイヤー2へ

大手NFT(非代替性トークン)マーケットプレイスOpenSeaが、レイヤー2ソリューション「Immutable X」の統合を計画していることがわかった。ガス代を意識せずにNFTの取引を可能にする仕組みを検討する。

OpenSeaは発表で、Immutable Xへの統合はネットワークのセキュリティを損なわずにスケーリング向上が見込めるとコメントした。

DeFiやNFTの利用率の上昇に伴い、イーサリアムネットワークのガス代が高騰する傾向になっており、スケーラビリティが課題になっている。より頻繁にネットワークを介す必要があるブロックチェーンゲームなどは、 すでにImmutable Xの導入を表明しているものも多い。

「Immutable X」はイーサリアムブロックチェーンのレイヤー2プラットフォームで、オフチェーン仕組み「ZK-rollup」を利用し送金を処理。0ガス代で毎秒9,000回のトランザクションを処理できることを特徴とする。正式ローンチは、今春に控える状況だ。

プロジェクトは、Immutableというオーストラリアの企業が手がけたもので、これまでGalaxy DigitalやNaspers Venturesから出資を受けている。

また、OpenSeaもNFT市場の拡大を受け、a16zやMark Cuban氏などの著名投資企業らから計25億円を調達したしている。

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。