CoinPostで今最も読まれています

欧州中央銀行、ステーブルコインの「効果的な規制」を呼びかけ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

重要性を増すステーブルコインの役割

欧州中央銀行(ECB)は11日、暗号資産(仮想通貨)に関する金融リスクと政策の影響を分析した報告書を発表。気候変動、分散化金融(DeFi)とステーブルコインの三つの分野に分け、それぞれを深く掘り下げた。本稿ではステーブルコインに関するECBの認識に焦点を当てる。

ECBは、DeFiの急成長に伴い、ステーブルコインが、仮想通貨エコシステムの中で重要な役割を担うようになったと指摘。報告書では、ステーブルコインの役割として次の二つを挙げた。

  1. 法廷通貨と仮想通貨のリンクとして機能しつつ、取引所(CEX及びDEX)における仮想通貨取引を円滑化
  2. DeFi市場への流動性を供給(自動マーケットメーカー取引と貸付)
  3.  

中央集権型の場合、ステーブルコインの取引量(四半期平均)は昨年、米ニューヨーク証券取引所の米国株式(430兆円≒3兆1200億ユーロ)にほぼ匹敵する規模に成長したと指摘。中でも最大の時価総額を誇るテザー(USDT)は今年3月時点で、全ての取引プラットフォームにおける全取引の65%を占めた。

DeFi領域では、今年5月にDEXの全流動性の45%をステーブルコインが占める一方で、担保型ステーブルコイン(USDTやUSDCなど)より、DAIなどのアルゴリズム型ステーブルコインが大きな割合を占め、崩壊前のテラUSD(UST: 現在はUSCT)は一時75%を供給していたという。

ステーブルコインとは

価格が常に安定している暗号資産を指す。BTCやETH、XRPなど従来の仮想通貨とは異なり、米ドルなどに価値(1ドル)を保つことが目的だ。米ドルの裏付けによる担保型のステーブルコイン(USDT・USDC)や、DAIやUSTといったアルゴリズム型のステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

支払い手段としてのステーブルコイン

ECBは、実体経済において決済手段としてのステーブルコインは、実用性が不十分であると主張している。

まず、欧州では包括的な仮想通貨規制法案(MiCA)の採用を待っている状況にあり、規制の不確実性から、決済サービスプロバイダ(PSP)がステーブルコイン市場に積極的ではなく、関連サービスも限定的であることが挙げられた。

また、ステーブルコインの平均的取引速度は、既存のPOSや電子商取引のような瞬時決済には及ばないことや、取引コストが大幅に変動する可能性などから、従来の決済システムと比較して明確な優位性はないと、ECBは結論づけた。

さらに、最大規模のステーブルコインUSDTの場合、償還は週1回か営業日のみの提供となっており、法廷通貨との換金の可能性が制限されていると指摘。現在、透明性に関する要件、返金、過剰な手数料からの保護、詐欺の補償などの消費者保護措置は、ステーブルコインには適用されていないと批判した。

金融安定性へ及ぼす影響

ECBは、ステーブルコインが金融安定性に及ぼすリスク要因を以下のように特定した。

  • 準備資産の構成に関する透明性の低さ
  • ディペッグにつながる安定化メカニズムの失敗
  • 信頼の失墜に伴う大規模な償還要求

ECBはテラUSDの崩壊が仮想通貨エコシステムに衝撃的な影響を与えたことに言及。仮想通貨市場の流動性に重要な役割を果たしているステーブルコインが、暴落・破綻した場合、仮想通貨市場に大きな波紋を広げることになると警告した。

さらに、今後ステーブルコインの採用が広まることで、金融安定化に対するリスクが他の金融システムにまで伝播する恐れがあるとした。

関連:米FRB、ステーブルコインを金融安定性へのリスクとして言及

ステーブルコインの規制

ECBは、「ステーブルコインが金融安定と決済システムの円滑な機能に対するリスクとなる前に、適切な規制、監督、監視を実施する必要がある」と主張。既存のステーブルコインは早急に規制の範囲に含め、新たなステーブルコインに関しては、規制の枠組みを確立する必要があるとした。

欧州レベルでは、急成長するステーブルコイン市場を考慮し、ステーブルコイン関連規制をMiCAの規制案に「早急に」導入する必要があると主張。また、クロスボーダーの特性を持つステーブルコインに対し、国際レベルでは「一貫性があり、きめ細かく、堅牢な規制アプローチにより、世界的に公平な競争環境を確保することが重要だ」と強調した。

その一つのステップとして、G20の国際金融監督機関である金融安定理事会(FSB)によるガイダンスの提供に言及。FSBのような国際機関が、関連する基準の設定を担うことができると主張した。

関連:金融安定理事会「国際的な仮想通貨・ステーブルコイン規制枠組みは必要」

記事提供:THE BLOCK
THE BLOCKとは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 木曜日
13:30
サザビーズ、ビットコイン版NFT「Ordinals」のオークション初開催
サザビーズはビットコイン版NFTプロジェクト「オーディナル」作品で初めてのオークションを開催。「BitcoinShrooms」の入札を行う。
12:27
ビットコイン、時価総額で世界9位の資産に 
暗号資産(仮想通貨)ビットコインが時価総額8,500億ドルを超え世界第9位に。ウォーレン・バフェット率いるバークシャーを上回り、エヌビディアを追う勢い。首位の金(ゴールド)市場の1/16ほどの規模となった。
12:00
カシオからNFT「VIRTUAL G-SHOCK」限定販売
カシオ計算機が「VIRTUAL G-SHOCK NFT」のセールを行う。耐衝撃性を誇るG-SHOCKの未来モデルをバーチャルに再現。限定2000個のユニークなデザインが0.1ETHで登場。ユーザー参加型のオンラインコミュニティが生んだ、先進的なデジタルコレクション。
10:30
米地裁、バイナンスCZ前CEOの有罪答弁を受理
米国地方裁判所の判事は、仮想通貨取引所バイナンスの前CEOであるCZ氏の有罪答弁を受領した。今後、量刑が行われることになる。
10:02
JPモルガンのダイモンCEO「私が米政府にいれば仮想通貨を禁止する」
JPモルガンのCEOは、米公聴会で仮想通貨を強く批判した。ビットコインなどの仮想通貨に強く反対しているとし、もし自身が政府にいれば、仮想通貨を禁止すると主張している。
07:35
Bitcoin Core、最新バージョンをリリース
仮想通貨ビットコインのソフトウェアBitcoin Coreは、最新バージョンv26.0がリリースされた。一方で、OrdinalsやBRC-20トークンの発行ができなくなる可能性が浮上している。
07:20
仮想通貨Worldcoin、分散化目標と助成金プログラムを初公開
OpenAIのCEOであるサム・アルトマン氏が他のメンバーとともに立ち上げたAI・仮想通貨プロジェクトWorldcoinは、初の助成金プログラムを公開した。開発者の参入を促す狙いだ。
06:30
アマゾン、プライムゲーミングでGods Unchainedのカード配布実施へ
米アマゾンはAmazon Prime Gamingを通じてWeb3カードゲーム「Gods Unchained」と提携し、ゲーム内カードを無料で入手できるキャンペーンを開始した。
06:02
コインベース、Jitoのガバナンストークン「JTO」新規上場予定
エアドロ前に上場発表 仮想通貨取引所コインベースは、ソラナ(SOL)の大手ステーキングプールJitoのガバナンストークン「JTO」の新規上場予定を発表した。JTOはまだ流通して…
12/06 水曜日
16:05
米コインベース関連団体、大統領候補による仮想通貨討論会を開催
米コインベースが立ち上げた仮想通貨の権利擁護団体「Stand with Crypto Alliance」は、米大統領候補による仮想通貨をテーマとした公開討論会を開催すると発表した。
15:59
オプション市場で5万ドルが意識されるビットコイン相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
1BTC=45000ドルまで上昇した暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの指標について、暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリスト「仮想NISHI」氏が解説。
13:30
ふるさと納税のNFT採用進む、記念SBTで地域振興図る
日本各地の自治体がふるさと納税の返礼品としてNFTを導入する新しい動向を紹介。JPYC商品券の活用や、海陽町、高松市、岸和田市の先進的な取り組みを探り、デジタル技術を駆使した地域活性化の可能性を探る。
12:23
ビットコイン45000ドルまで大幅続伸、「ビットコインETF」巡るSECの動きに高い関心
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが45000ドルまで急騰した。ブラックロックや米SEC(証券取引委員会)を巡る動きを受け、ビットコイン現物ETFの承認思惑が加速している。
12:00
ビットコインマイニング企業Riot、マイニングマシンを6万台以上発注
米上場仮想通貨マイニング企業Riotは、MicroBTに6万台以上の最新ビットコインマイニングマシンを発注した。これまで最大規模の注文となる。
10:50
自民党主導の「デジタル先端金融議連」、ビットフライヤー等も参加
自民党がデジタル先端金融議員連盟を発足。暗号資産(仮想通貨)交換業者のビットフライヤー、コインチェックが参加。金融DX推進、Web3技術活用で現行制度の課題克服を目指す。グローバルな金融革新の状況を解説

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/12/08 12:00 ~ 13:00
その他 オンライン
2023/12/12 14:00 ~ 16:00
その他 オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧