米FRB、ステーブルコインを金融安定性へのリスクとして言及

裏付けのないステーブルコインのリスクを指摘

米連邦準備制度理事会(FRB)は17日、金融政策報告書を発行。その中で、金融安定性へのリスクの例として、最近のステーブルコインTerraUSD(UST)ディペッグの件に言及した。

FRBは、「ステーブルコイン市場の総額は過去1年間に急速に増加し、2022年3月には約24兆円(1,800億ドル)超となった」と指摘。その上で、「一部のステーブルコインの価値下落や、他のデジタル資産市場の最近の緊張は、こうした構造のもろさを示している」と続けた。

ステーブルコインとは

価格が常に安定している(stable)仮想通貨を指す。ステーブルコインは暗号資産の一種で、BTCやETH、XRPなど変動性のある資産とは異なり、米ドルなどに裏付けられその価値($1)を保つことが目的だ。米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIやUSTといったアルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

FRBは、UST(TerraUSD)の名前を直接的に挙げてはいないが、間接的に今年5月に発生したUSTディペッグ騒動に触れた格好だ。

無担保型(アルゴリズム型)ステーブルコインUSTは、米ドルの価値から乖離して下落。投資家の裁定取引インセンティブによりペッグを維持していたUSTのシステムで裏付け資産としても使用されていた暗号資産(仮想通貨)テラ(LUNA)の価格崩壊にも繋がり、大きな波紋を広げた。

関連テラUSD(UST)のディペッグ騒動 Terraform Labs社や取引所の対応まとめ

FRBが指摘するリスク

FRBは今回、次のようにステーブルコインのリスクについて説明した。

安全で十分な流動性のある資産に裏打ちされておらず、適切な規制基準に従わないステーブルコインは、投資家へのリスクや、潜在的には金融システムを不安定にするリスクをもたらす。

こうした脆弱性は、ステーブルコインの裏付けとなる資産のリスクや、流動性に関する透明性の欠如により、さらに悪化する可能性がある。

また、ステーブルコインが他の暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引に必要な証拠金を満たすために使用されることが多くなるにつれ、ステーブルコインの需要の変動が大きくなり、償還リスクが高まる可能性もあると続けている。

大統領ワーキンググループなどによる勧告

FRBは、2021年11月に、金融市場に関する大統領ワーキンググループ、連邦預金保険公社や通貨監督庁がステーブルコインのリスク勧告を発表していたことにも触れた。

このリスク勧告発表の際、米財務省ジャネット・イエレン長官は「適切に設計され、適切な監視の下にあるステーブルコインは、有益な決済手段を支える可能性を秘めている」としつつ、適切な監視がなければ、利用者やより広範なシステムにリスクをもたらすとした。

さらに、現在のステーブルコインに対する監視体制は「一貫性がなく、断片的」で、一部のステーブルコインは、「事実上規制の枠外に置かれている」と懸念を表明している。

リスク勧告は、包括的な規制枠組みを構築するために、議会が速やかに法律を制定することを推奨していた。

また具体的には、主に以下のような勧告を行っている。

  • ステーブルコインの発行者は保険付き預金取扱機関であることを法律で義務付ける
  • ステーブルコインの発行者に対する要件を定める
  • カストディアルウォレットプロバイダーに対し、連邦政府が適切に監督するよう法律で義務付ける
  • ステーブルコインにとって重要な役割を果たす主体に対して、適切なリスク管理基準を満たすよう要求する権限を当局に与える
  • ステーブルコイン発行者に、商業団体との提携を制限する立法を行う
24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します