イーサリアム(ETH)の価格・チャート|今後の将来性や買い方を解説

ニュース 基礎情報 関連記事
04/06 (土)
ブロックチェーンの処理が停滞 イーサリアムL2のStarknetで「Reorg」発生
ブロックチェーンの処理が停滞していたことを、仮想通貨イーサリアムのL2「Starknet」が公表。エクスプローラーによれば、ブロック生成に4時間あいていた時がある。
CoinPost
04/05 (金)
「SECがイーサリアムを有価証券とみなす確率は低下」JPモルガン
JPモルガンのアナリストは、仮想通貨イーサリアムが今後米SECによって証券として分類される可能性が以前より低くなったと論じている。
CoinPost
04/05 (金)
「イーサリアムL2銘柄の時価総額は2030年までに1兆ドルへ」VanEck分析
仮想通貨イーサリアムのL2銘柄の時価総額は2030年までに1兆ドルに増加すると予測するレポートをVanEckが公開。46チェーンを取り上げてL2を細かく分析している。
CoinPost
04/05 (金)
バイナンス、ビットコイン・オーディナルズ対応打ち切りへ
ビットコイン・オーディナルNFTへの関心は最近再び急上昇。NodeMonkesコレクションのフロア価格(35,909ドル)が先月50%以上高騰し、時価総額でイーサリアムの代表的なコレクション「Bored Ape Yacht Club(43,008ドル)」を一時上回っていた。
CoinPost
04/04 (木)
イーサリアム基盤「Ethena」の収益性を評価=Delphi Labs CEO
Delphi Labsのホセ・マリア・マセド最高経営責任者は、イーサリアム基盤のDeFiプロトコル「Ethena」が全仮想通貨において、最高の収益を生み出すプロジェクトになるだろうと主張した。
CoinPost
04/04 (木)
イーサリアム現物ETFに新たな進展か
グレースケール、フィデリティ、ビットワイズの3社に関連するイーサリアムETFの取り組みに関して利害関係者から規則変更案に関する意見を募集するために3週間のコメント期間を設けた。
CoinPost
04/04 (木)
「ミームコインは1Qに最も収益性の高いセクター」CoinGeckoデータ
ミームコインセクターの時価総額は609.3億ドルで、仮想通貨時価総額全体の約2.32%を占めている。
CoinPost
04/03 (水)
仮想通貨VCパラダイム、新ファンドで約1300億円調達か
仮に7.5億ドル(1,136億円)に達すればこのファンドは2022年5月の仮想通貨市場の暴落以降で最大になる。2024年強気相場の再来を象徴するような金額だ。
CoinPost
04/03 (水)
BNBチェーン、ミームコイン開発者招致で1.5億円報酬を用意
仮想通貨ミームコインは企業の資金インセンティブで発生するものでなく、お金でミームコイン・カルチャーを買うことはできないと、ソラナのRaj Gokal共同創設者はSNSで指摘。
CoinPost
04/03 (水)
Wormholeの仮想通貨「W」、バイナンスなどに今夜上場予定
仮想通貨ブリッジ大手のWormholeがリリース予定の「W」トークンはバイナンスなどに上場する予定だ。
CoinPost