イーサリアム(ETH)の価格・チャート|今後の将来性や買い方を解説

ニュース 基礎情報 関連記事
03/28 (木)
「イーサリアムが有価証券でもETF化は可能」ブラックロックCEO
仮想通貨イーサリアムに関しては、米国においてその法的ステータスが定かではない。CFTCは商品(コモディティ)と見做している一方、SECはETHに関係するスイスのイーサリアム財団を調査していることが先週報じられた。
CoinPost
03/28 (木)
イーサリアム「BLOB」にデジタルアートを記録する方法 Ethscriptionsが導入
イーサリアムのチェーン上にデジタルアートなどを記録するEthscriptionsは「BlobScriptions」を発表。ブロブにデータを記録する方法となる。
CoinPost
03/28 (木)
ブラックロックのトークン化ファンド「BUILD」、一週間で240億円超の資金流入を記録
ブロックチェーン上でトークン化された現実世界資産(RWA)の運用を提供するOndo Financeからの10億円以上新たな資金もありファンドの規模は拡大中。
CoinPost
03/27 (水)
ビットコインなど仮想通貨投資の始め方|初心者が注意すべきリスクとおすすめ戦略
ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)投資の初心者向けスタートガイドを解説。基本戦略や知識、特に注意すべきリスクやセキュリティ対策を紹介し、「何歳から始められる?」のか、取引所ごとの年齢制限一覧も提供。
CoinPost
03/26 (火)
仮想通貨の上場投資証券、ロンドン証券取引所で5月から開始
米国の仮想通貨ビットコインETFは個人投資家でも容易にアクセスできるが、英国では限定された投資家しかアクセスできない。
CoinPost
03/25 (月)
ゴールドマン・サックスの大口顧客、仮想通貨市場への関心強める
米大手投資銀行ゴールドマン・サックスの大口顧客であるヘッジファンドが仮想通貨への関心を急速に高めている。デジタル資産部門でアジア太平洋地域のトップを務めるマックス・ミントン氏がインタビューで明らかにした。
CoinPost
03/24 (日)
週刊仮想通貨ニュース(+アジア特集)|米SECのETH調査やマイクロストラテジーのBTC買い増しに高い関心
今週は米SECによるイーサリアムの調査、マイクロストラテジーの仮想通貨ビットコイン買い増し、主要ブロックチェーンと国内銀行の振込手数料の比較に関する記事が最も関心を集めた。
CoinPost
03/23 (土)
ヴィタリック、イーサリアムで「レインボーステーキング」提唱
仮想通貨イーサリアムの共同創業者ヴィタリック・ブテリン氏は、ステーキングの集中化リスクに対処する方法「レインボーステーキング」を議論した。
CoinPost
03/23 (土)
米SEC、グレースケールのイーサリアム先物ETF申請を再度延期
今週、SECはイーサリアム財団の調査を行っていると報じられ、仮想通貨イーサリアムが有価証券と見做される恐れが出てきた。
CoinPost
03/23 (土)
「イーサリアムETFへの需要はわずか」ブラックロック責任者
ブラックロックは現在イーサリアム現物ETFの申請を行っているところだが、デジタル部門の責任者Mitchnick氏は「私たちの顧客ベースでは、ビットコインが圧倒的に注目されており、イーサリアムの方は少し注目されている」と話した。
CoinPost