イーサリアム(ETH)の価格・チャート|今後の将来性や買い方を解説

ニュース 基礎情報 関連記事
03/22 (金)
「ソラナは今年最も人気なエコシステム」CoinGeckoリサーチ
仮想通貨・ブロックチェーンソラナは現在、世界の投資家による「ブロックチェーン」へ関心度の49.3%を占めており、2位のイーサリアムの12.73%を3倍以上超えている。
CoinPost
03/21 (木)
Astar zkEVMのローンチキャンペーン 「Yoki Origins」体験記
先日Astar zkEVMをローンチしたアスターネットワーク。日本を代表する企業、プロジェクトや多彩なクリエイターが参加し、ゲーム感覚でAstar zkEVMを体験できるキャンペーン「Yoki Origins」を開催中。ここで獲得できるポイント「Lore」に焦点を当てる。
CoinPost
03/21 (木)
ブラックロック、イーサリアム上のトークン化ファンドを正式発表
米大手資産運用会社ブラックロックは、仮想通貨イーサリアムのチェーン上で発行されるトークン化ファンド「BUIDL」の立ち上げを正式発表した。
CoinPost
03/21 (木)
イーサリアムのエンジェル投資家ら、手数料削減のためにガス上限引き上げ呼びかけ
仮想通貨イーサリアムのエンジェル投資家らは、ETHメインネットのガス上限引き上げを提案している。取引手数料を最大33%削減できると述べている。
CoinPost
03/21 (木)
Starknetで並列処理が可能に、2024年の計画で判明
仮想通貨イーサリアムのL2プロジェクト「Starknet」は2024年のロードマップを発表した。話題の並列処理やDA改良などで取引処理能力向上や手数料削減に取り組んでいく。
CoinPost
03/21 (木)
米SEC、イーサリアムを調査か 財団の関連企業に召喚状送付も
仮想通貨イーサリアムの現物ETFの審査が続く中、米SECがイーサリアム財団らを調査していることがわかった。SECはイーサリアムの証券性を調べていると報じられている。
CoinPost
03/21 (木)
安いのはどれ? イーサリアムやソラナ、XRPなど主要ブロックチェーンと国内銀行の振込手数料を比較
イーサリアムの大型アップグレード Duncunの完了を受け、L2のネットワーク手数料が大幅に低下してきた。Web3金融が広まりつつある中主要ブロックチェーンと銀行振込の手数料の比較についてまとめた。
CoinPost
03/21 (木)
米SEC、3つのイーサリアムETF申請で判断延期
申請中の仮想通貨イーサリアム現物ETFの多くは5月に最終判断を迎える予定だが、多くのアナリストは現在承認の確率が低いと予測している。
CoinPost
03/20 (水)
ブラックロック、Securitizeとの提携で「トークン化投資ファンド」の設立を申請 
米大手資産運用会社ブラックロックは、「デジタル流動性」ファンドの申請書をSECに提出した。イーサリアム上でトークンも作成している。
CoinPost
03/19 (火)
「イーサリアム現物ETF承認なら最初の1年で6兆円超の資金が流入する可能性」SCB銀が分析
仮想通貨イーサリアムの現物ETF承認なら最初の1年で6兆円超の資金が流入する可能性があると、英大手銀行のスタンダードチャータード銀行が分析。今後のイーサリアムやビットコインの価格予想もしている。
CoinPost