イーサリアム(ETH)の価格・チャート|今後の将来性や買い方を解説

ニュース 基礎情報 関連記事
04/02 (火)
月間DEX取引量が過去最高を記録、ミームコインブームがけん引
2024年3月、ミームコインの牽引によりDEX取引量が史上最高を記録。ヴィタリック・ブテリン氏は高品質なミームコインを求め、暗号資産(仮想通貨)業界へのポジティブな貢献を呼びかけた。
CoinPost
04/02 (火)
「イーサリアム現物ETFは12月に承認された方が成功に」Bitwise
Bitwiseの最高投資責任者はイーサリアム現物ETFの承認時期について話した。承認は5月より12月まで遅れた方が成功するだろうとも意見している。
CoinPost
04/02 (火)
イーサリアムの分散化促進などを期待 ヴィタリック、開発計画「パージ」を説明
仮想通貨イーサリアムの分散化促進などを期待しているとし、 ヴィタリック・ブテリン氏がロードマップの構成要素の1つ「パージ」について説明。パージで行うのは主にプロトコルの簡素化とノードの負担軽減である。
CoinPost
04/02 (火)
Farcaster開発企業、パラダイム主導のラウンドで「ユニコーン」に
Degenチェーンではミームコインの発行が盛んに行われているが、その多くは「ラグプル」と呼ばれる出口詐欺のための詐欺コインだ。
CoinPost
04/01 (月)
米資産運用会社モルガン・クリークCEO、ビットコイン年内2000万円超えを予想
米資産運用会社モルガン・クリークの創設者兼CEOがCNBCの「Fast Money」に出演。メトカーフの法則を用いて仮想通貨ビットコインの今後の価格を年内15万ドル超えと予測した。
CoinPost
03/30 (土)
イーサリアム基盤のEthenaがバイナンスに上場予定、プレマーケットAevoで高騰
Ethenaとは、仮想通貨ETHのステーキングで、利子が分配されるステーブルコイン「USDe」を発行する。DragonFlyやアーサー・ヘイズ氏、バイナンスラボ、OKXベンチャーズなどが出資している。
CoinPost
03/30 (土)
クジラ投資家向けのPoS銘柄の仮想通貨投資信託、グレースケール提供
新たな仮想通貨投資ファンドは、ビットコインETFと違って非公開の投資信託であり、純資産額220万ドル(3.3億円)以上の適格投資家に限定している。
CoinPost
03/29 (金)
イーサリアム共同創設者ブテリン氏、Dencun後の改善点を語る
仮想通貨イーサリアムの共同創業者ヴィタリック・ブテリン氏は、Dencunが完了した今後の技術的な改善点を提案した。
CoinPost
03/29 (金)
Googleサーチ、ビットコインやArbitrumなどのアドレスで資産残高を確認可能に
全ての資産を表示するわけではなく、残高は各ネットワークのネイティブトークン(ETHやARB、OPなど)のみを表示。
CoinPost
03/29 (金)
5月承認の可能性低いもBitwiseとフィデリティがイーサリアム現物ETFの上場申請行う
イーサリアムETFが現在の多くの申請の最終期限となる5月に承認される見込みは、SECがイーサリアム財団を調査しているとの報道などを受け大幅に後退している。1月には70%あったが、現在は20%程度まで低下してきた模様だ。
CoinPost