Bitcoin Cash [ビットコインキャッシュ] BCH

07/03 (火)
SBIVC本稼働に向け、仮想通貨市場の将来性を語る|SBI経営近況報告会
SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)が大きな期待を集める中、北尾社長が為替市場の年間取引高18京円と比べ、仮想通貨市場は69兆円に過ぎないと成長性を示唆。Sコイン構想やデジタルアセットを活用した新しい資金調達法「TAO」についても説明した。
06/27 (水)
仮想通貨市場回復の可能性・クジラの現状・SECの業界への影響ほか|BitcoinIRA COOが解説
BitcoinIRAの最高運営責任者のChris Kline氏は、Ethereum World Newsのインタビューに応じ、仮想通貨市場回復の可能性、XRPが証券でない理由、ビットコイン”クジラ”の影響力の低下などについて言及した。
06/26 (火)
6/26(火)|約275億円分のUSDT発行で一時急騰・明朝にかけて大きな動きがあるか
昨日23:00頃、2.5億ドル分(約275億円分)のUSDTが発行が観測され、65万円台から69万円台まで一時急騰する場面があった。依然として不安定な相場が続いている。
06/25 (月)
中国が第2回「ブロックチェーン格付けTOP30」を発表|総合評価1位はEOS、ビットコインは17位
中国の行政機関及び専門家が、世界中の仮想通貨パブリックブロックチェーンを技術的に評価する第2回「国際パブリックチェーン技術評価指標」を公表。新ランキングTOP30の総合評価では、EOSが1位になった。
06/15 (金)
米NY金融サービス局がBCH・ETH・LTC・XLMを許可登録|itBitが取引開始
アメリカの仮想通貨取引所「itBit」は14日、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から認可を受け、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ステラ(XLM)の取り扱いを新たに開始することを発表した。
06/13 (水)
米Coinbase:なぜXRPやEOSより先にイーサリアムクラシックが上場出来たのか
6月12日に米国最大級取引所のCoinbaseにイーサリアムクラシックが上場することが発表されました。イーサリアムクラシックがリップルやイオスなどよりも先に上場した理由の一つは、複数の開発チームによって開発されていることだと思われます。
06/06 (水)
6/6(水)|海外取引所活性化により取引所系トークンに関心高まる・仮想通貨市場は小幅高
仮想通貨市場 仮想通貨市場はここ数日の下落に歯止めがかかり、一定の反発を見せているもののBTCはレンジ内に留まっています。また、バイナンストークンの高騰など、海外取引所活性化に…
06/04 (月)
夕刊CoinPost|6月4日の重要ニュースと仮想通貨情報
学校や会社帰りにまとめて読めるイブニングニュース(仮想通貨の投資情報)をコインポストで定期配信。仮想通貨市場に大きく影響するニュース速報など、投資の参考情報として是非どうぞ。
06/03 (日)
仮想通貨市場は24時間で約1.4兆円の回復へ|最注目のメインネットトレンドと今後の相場
仮想通貨市場は、24時間で130億USD(1.42兆円)の時価総額を回復。仮想通貨投資ファンド「Pantera Capital」のCEOであるDan Morehead氏は、5年間で仮想通貨産業は年率165%の成長率で急伸していること、機関投資家の資金流入前であることを理由に、年末には2万ドル(約215万円)になると予想しています。
05/30 (水)
5/30(水)|仮想通貨市場は急反騰・BCHやREPなどが前日比10%高を上回る
大幅続落していた仮想通貨市場でしたが、昨晩からBTC(ビットコイン)が急反騰。時価総額の高い主要アルトコインはほぼ全面高となっており、BCH(ビットコインキャッシュ)やREP(オーガー)などでは、前日比10%高を上回っています。
05/25 (金)
フィンテックアプリRevolutが新たにXRPとBCHの取り扱いを開始:25種の法定通貨と5種の仮想通貨の交換が可能に
両替を安価な手数料で行うことを可能にしたアプリを運営するRevolutは、仮想通貨リップル及び、ビットコインキャッシュの取り扱いを開始することを発表しました。これによって、25種類の法定通貨と5種類の仮想通貨を交換が可能になりました。
05/15 (火)
5/15(火)|Consensus2018のニュースでZcashが暴騰・BCHがハードフォークを迎える
世界最大級の仮想通貨カンファレンス「Consensus2018」での好材料で、Zcashが暴騰しています。またBCHがハードフォークを迎え、性能が大幅向上。スマートコントラクトのベースを構築することが可能になりました。
05/13 (日)
中国政府が28種類の仮想通貨に対する格付けを開始
中国政府が28種の仮想通貨の格付けを開始します。中国政府は最近ブロックチェーンの国家基準策定を発表もしています。
05/10 (木)
Bloombergと億万長者のNovogratz氏:仮想通貨インデックスを開始・10種類の通貨を取扱い
Novogratz氏とBloomberg社は仮想通貨インデックス、Bloomberg Galaxy Crypto Indexを設立しました。このインデックスはビットコイン、イーサリアムなどの時価総額が大きい10種類のコインを取り扱います。
04/24 (火)
4/23(月)|時価総額4000億USDまで回復・BCHは数日続伸
仮想通貨市場は、市場全体が上昇傾向にある中で、時点の目標値と考えられる時価総額4000億USDに到達。時価総額で同水準となる3月8日とのビットコイン価格からは10%の乖離があり、市場規模の小さいアルトコイン市場の伸びが伺えます。また数日BCHはより大きな上昇幅を記録しています。
04/20 (金)
4/20(金)|XRPとBCHに大きな動き・BTCは重要な局面にあるか?
仮想通貨はビットコインやイーサリアム、リップル(XRP)など主要通貨が強い価格推移を見せ、時価総額は節目となる3500億USDを超え3720億USDまで急激な成長を見せています。またこの相場の中、有名トレーダーであるBrian Kelly氏はビットコインは現在重要な局面にあるとしました。
04/19 (木)
仮想通貨時価総額の70%がBTC・ETH・XRP・BCH・LTCの5通貨で占める現状
仮想通貨の時価総額は3500億USD(約35兆円)目前まで迫り、2017年からアルトコインの時価総額が急騰している状況ではありますが、現在でもBTCを含む上位5通貨で、時価総額の約70%も占めている現状があります。
03/15 (木)
Circle社が仮想通貨投資アプリを米46州で正式公開・取扱通貨は5種類
Circle社が”Circle Invest”と呼ばれる仮想通貨投資アプリを正式発表。現時点でビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシック、そして、ライトコインに投資することが可能です。Circle Investは、仮想通貨に迅速で、安価で、容易に投資出来るように構築されています。
03/09 (金)
Poloniexを買収したCircle社:新投資アプリCBT版を公開・5通貨を取扱予定
先日、大手取引所Poloniexを4億ドル(約428億円)で買収したフィンテック企業Circleが、投資アプリCircle investをのCBT版をリリース。現時点の対応通貨は、 ・BTC ・BCH ・ETH ・ETC ・LTC です。
01/24 (水)
長い歴史を持つHYCMがXRPとBCHのCFD(差金決済取引)を新たに追加
HYCMはイギリスの外国為替仲介企業でFXやCFD取引を取り扱っており、会社のプレスリリースによると、リップル及びビットコインキャッシュの取引も開始されたと発表されました。