グレースケールなど仮想通貨投資ファンド、機関投資家による大規模資金流入止まらず

機関投資家の流入が加速

英仮想通貨ファンドCoinsharesの最新レポートにて、機関投資家から暗号資産(仮想通貨)投資ファンドへの資金流入が12月7日までの1週間で約450億円(4.29億ドル)に及んでいたことがわかった。

レポートによると、週間流入額としては過去2番目の規模。約3年ぶりにBTC=19,000ドルの高騰を記録した3週間前の4.68億ドルに次ぐ大きさとなり、運用資産は過去最大の150億ドルに達している。

グレースケールのビットコイン投信が1兆円規模に

主な機関投資家の資金流入先は、米大手投資ファンド「グレースケール」で、過去1週間で3.36億ドルを記録。ビットコインETP(上場投資商品)を提供する21SharesやETC Issuanceにも一定規模の資金が流れたが、大半はグレースケールが占める。

出典:Coinshares

グレースケールの金融商品の中でも最も資金が集まる銘柄は、ビットコイン(BTC)で約3.35億ドルに及ぶ。次にイーサリアム(ETH)、XRP、ビットコインキャッシュ(BCH)のようにが続くが、イーサリアムの規模はビットコインの約26%、XRPはビットコインの0.23%に留まる。

グレースケールの最新運用資産額(7日)は、127億ドル規模となり、12月3日付けでは、ビットコインの投資信託GBTCの運用規模は100億ドル(約1兆円)を突破していた。

デジタルアセット運用のCoinsharesは、イーサリアムへの資金流入規模について、12月1日に正式にローンチされた次世代イーサリアム2.0のビーコンチェーン稼働などを材料視した結果と見る。下半期における仮想通貨の強気相場は、機関投資家主導のものと見られているが、Coinsharesのデータはそれを裏付けている。

関連イーサリアム2.0「ビーコンチェーン」が起動

参考:CoinShares

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します