仮想通貨イーサリアム2.0「ビーコンチェーン」が起動

ビーコンチェーン正式稼働

仮想通貨イーサリアムの次世代ブロックチェーン「イーサリアム2.0(セレニティ)」のコアにあたるビーコンチェーンが、日本時間1日21時にローンチされた。

ジェネシスブロック

イーサリアム2.0は、コンセンサスメカニズム「PoS」への変更や、バーチャルマシンのバージョンアップ、シャーディング実装等を含む大規模なアップグレード。特に、DeFi(分散型金融)市場が急拡大する中で必要なネットワークの処理速度(=スケーラビリティ問題)を大きく改善する可能性のある仕様変更として期待されている。

ビーコンチェーンはイーサリアム2.0のフェーズ0段階にあたり、現行イーサリアム(PoW)と並行するブロックチェーンとして稼働する。イーサリアム2.0におけるPoSのバリデータノードを管理する役割を担うものだ。

また、シャーディングにおけるシャードチェーンの完全実装は現在の予測で約2年間かかり、2021年以降のロードマップで整える予定だという。(参照:イーサリアム財団)

なお、ビーコンチェーン以降のロードマップは以下のようになる。

  • フェーズ1:2021年(ユーザーが利用する「シャードチェーン」実装)
  • フェーズ1.5:2021年(シャードチェーン・メインネット稼働、PoS移行)
  • フェーズ2:2021年〜(シャードチェーンの全稼働)

関連次世代イーサリアムで報酬を得る「ステーキング」手順を解説

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します