CoinPostで今最も読まれています

次世代イーサリアムで報酬を得る「ステーキング」手順を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2.0デポジットの方法

イーサリアム財団は20年11月5日、次世代イーサリアムにおける「フェーズ0」に関連するデポジットコントラクトの実装を発表した。

関連イーサリアム2.0「フェーズ0」、最短で12月1日に実装へ

デポジットコントラクトは、フェーズ0におけるビーコンチェーンでのETHステーキング契約機能であり、すでにステーキングを行うことが可能。5日昼時点で14,597ETHほどのイーサリアムが早くもデポジットされた。

ETH Launchpad

注意点として、デポジットコントラクトに預けたETHによる「ステーキング報酬」は、ネットワークの拡張にあたるフェーズ1.5の「シャードチェーン」実装まで、システム上引き出すことができない。ETH2.0のロードマップでは、フェーズ1.5は2021年に実装予定だ。

  • フェーズ0:2020年(バリデータを管理する「ビーコンチェーン/Beacon Chain」実装)
  • フェーズ1:2021年(ユーザーが利用する「シャードチェーン/Shard Chain」実装)
  • フェーズ1.5:2021年(シャードチェーン・メインネット稼働、PoS移行)
  • フェーズ2:2021年〜(シャードチェーンの全稼働)

関連仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み

本記事は、ビーコンチェーンのステーキングにあたり、その手順を紹介する。

ステーキング手順を図解

まず、公式のステーキングサイト、「Eth2 Launch Pad」にアクセス。「Get Started」から始める。

出典:ethereum.org

最初は、「Overview(概況)」のページが表示され、利用者にデポジットコントラクトのリスクやデメリットなどの注意事項を掲載。以下のようにまとめている。

  • ETHの入金は「単方向」で、プロセスを逆にすることが不可能
  • オフラインとなるバリデータは報酬同額の罰金を科せられる
  • 不正行為を行ったバリデータは罰金を科せられる
  • 入金されたETHは、バリデータ間で移動することがフェーズ1までは不可能
  • 入金されたETHはフェーズ2まで出金できない(約2年間)
  • バグが発生した場合、入金されたETHの一部を失うリスクがある

さらに、「フェーズ1まで、バリデータが自主的に離脱し再参加することができないため、長期的コミットメントは必要となる」、とも説明した。注意事項を了承すれば、ノードの立ち上げ段階に進む。

ノードの立ち上げ

次に、2.0のネットワークを維持するため、まずは現状のETH1.0のノードを立ち上げる必要があり、以下の4つのクライアントから選ぶことができる。

  • Nethermind
  • OpenEthereum
  • Hyperledger Besu
  • Geth

注意事項として「ETH2.0のノードに繋がるためのJSON RPCエンドポイントは–httpを有効にする」必要がある。

出典:ethereum.org

ETH1.0ノードの立ち上げに成功した場合、次は2.0のノードを立ち上げる必要がある。以下の4つのクライアントから選ぶことができ、ドキュメントに沿ってインストールすることになる。

  • Lighthouse
  • Nimbus
  • Prysm
  • PegaSys Teku

出典:ethereum.org

バリデータとデポジット鍵生成

ノードの手順を終えれば、次はいよいよバリデータ(ビットコインでいうマイナー)となるためのプロセスを開始できる。 バリデータになるには、最低32ETH(120万円相当)が必要で、運用するバリデータ数を選択。

次にパソコンのオペレーションシステムを選び、コマンドラインインタフェース(CLI)のアプリをダウンロードするか、自ら構築するか取り決める。

出典:ethereum.org

ここでは、CLIを選択した場合、Githubからデポジットコマンドラインをダウンロードすることになる。以下が鍵生成の手順となる。

  • Githubからdeposit command line interface appをダウンロード
  • イーサリアム財団のデポジットツールを利用しデポジット鍵を生成
  • 「./deposit new-mnemonic –chain mainnet」というコマンドを実行し、アプリを起動(注意事項:Mainnet testnetで、「–chain mainnet」とセッティング)
  • ターミナルウィンドウのインストラクションにそって鍵を生成
  • 鍵を安全なところに記録(バリデータごとに、1つのキーストアが伴う)
  • *出金の鍵を生成することも可能

デポジット鍵以外、deposit_data.jsonというバリデータファイルも同じプロセスで生成されたため、それを次のステップでアップロードする。

出典:ethereum.org

「Upload Deposit File」のところで、deposit_data.jsonをアップロードし次のステップに進めば、ウォレットとの接続ステップに入り、ETHを入金しセットアップを完成させることになる。

ステーキング年利は「推定6〜20%」が試算されるが、実行されるバリデータ数とイーサリアムネットワークの使用頻度によって変化すると説明されている。

出典:イーサリアムブログ

ビーコンチェーンのローンチ

ネットワークを安全に稼働させる上で、ETH2.0ビーコンチェーンローンチには条件が設けられている。公式ブログによれば、11月24日前後までに、32ETHをデポジットするステーキング参加者が16,384に達することが必要条件(計52万4288ETH≒219億円相当)だ。

予定通りの目標数まで到達すれば、12月1日にビーコンチェーンがローンチ予定となるが、予定日までにETHのデポジットが不足している場合は、条件を満たしたタイミングから、7日後にローンチされることになるという。

関連仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み

関連イーサリアムのステーキングは高利回り?株式配当と比較したリスク・リターンを独自考察

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。
11:50
アラメダ、Voyagerに500億円超の返還求める
破産した仮想通貨投資企業アラメダリサーチは、米国の破産裁判所に訴状を提出。Voyager Digitalに対して、ローン返済分として支払った約580億円の返還を求めている。
10:50
国内初上場、bitbankがOasys(OAS)の取り扱いを発表
国内発のゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、ネイティブOasys(OAS)について、暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankへの新規上場が決定したことを発表した。
10:30
LayerZero、脆弱性に関する指摘に反論
LayerZero LabsのCEOは、同社プロトコルのスマートコントラクトに脆弱性があるとの指摘に反論。仮想通貨の盗難につながる可能性もあるが、これは仕様であると説明している。
10:05
東欧モンテネグロ、リップル社とデジタル通貨の実証実験へ
モンテネグロのアバゾビッチ首相は、リップル社と協力してデジタル通貨またはステーブルコインを構築する実証実験プロジェクトを開始したと発表した。
08:30
マスターカード、ブラジルでバイナンスのプリペイドカード発行へ
仮想通貨取引所大手バイナンスは金融大手マスターカードと提携し、ブラジルでプリペイドカードを発行開始。
07:45
ツイッター、仮想通貨の決済機能導入か
ツイッターは、決済機能の導入に向けてソフトウェアを開発をしていることがわかった。Elon Musk氏は、仮想通貨機能を追加できるようにしたいと考えているという。
07:20
米株市場・仮想通貨全面安|31日金融短観
本日のニューヨークダウは7日ぶりに反落し、ナスダックや金先物なども全面安。ドル相場はFOMC政策金利や米雇用統計などの重要発表を前に買い戻された。
01/30 月曜日
17:15
YGG Japan、プライベートラウンドで4億円相当を資金調達
株式会社ForNは、YGG Japanがプライベートラウンドでスクウェア・エニックスやセガなど18社から4億円相当の資金調達を完了したことを発表。環境整備し「職業ゲーマー」の輩出を目指すとした。
15:47
岸田総理、メタバースなどデジタル技術用いた地方活性化に意欲 予算委員会の答弁で
自民党の神田潤一議員が衆院予算委員会で政府の「Web3政策」について質問し、地方創生に関するデジタル化推進提案を行った。これに対し岸田総理は、メタバースなど最先端デジタル技術を取り込んだ地方活性化に前向きな姿勢を示した。
12:43
米バイデン政権、仮想通貨のリスク軽減に関するロードマップを発表
米ホワイトハウスは仮想通貨のリスクを軽減するためのロードマップを発表。米議会に対し規制整備のための努力を強化するよう要請する一方で、仮想通貨と既存の金融システムの融合については「重大な誤り」と警告した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア