ビットコインキャッシュ(BCH)|投資情報・リアルタイム価格チャート

09/14 (土)
南米ベネズエラ、国内初の仮想通貨ATMを設置|BTC・BCH・DASHに対応
ビットコイン需要高まる南米ベネズエラに、同国初の仮想通貨ATMが設置されたことが分かった。取り扱う仮想通貨は、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ダッシュ(DASH)の3銘柄だ。
09/12 (木)
速報 米国版バイナンス、9月18日から登録と入金の受付開始|最初はBTC・ETH・XRPなど6銘柄を提供
「Binance.US」が9月18日の午前8時から、アカウント登録と仮想通貨の入金の受付を開始する。日本時間13日には本家バイナンスが米国ユーザーへのサービス提供を停止する。
09/10 (火)
日本の仮想通貨市場、7月にXRPとMONAを買い増す動き 証拠金取引がトレンドに=JVCEA最新資料
JVCEAが、仮想通貨交換業者18社の会員統計情報(国内市場データ)を公開。18年の下落相場を経て証拠金取引額が大幅増加、7月にはXRP(リップル)など一部アルトコインを買い増す動きが観測された。
08/01 (木)
中国・仮想通貨格付け最新版(第13回)を公開、TOP5に変動も
中国の行政機関であるCCIDのブロックチェーン研究所が、仮想通貨に関連する第13回「パブリックチェーン技術評価」を公表。ビットコインが今回もランクアップした他、イーサリアムがランクアップするなどTOP5に変動が見られた。
07/10 (水)
南米の拠点ブラジルでリップル(XRP)が支持を拡大、仮想通貨ビットコインは世界的現象
投資指標ツールを提供するThe Tie社の最新レポートは、仮想通貨ビットコイン(BTC)が「世界的現象」となっていると指摘した。国別比較でBTC否定派が多い南米であるが、ブラジルはリップル(XRP)肯定派が多いことも明らかに。
06/06 (木)
欧州中央銀行レポート、利用の観点から重要な4通貨でビットコインやリップル(XRP)に言及
欧州中央銀行は、仮想通貨が及ぼす金融、政策、市場への影響をまとめたレポートを発表。利用の観点で重要な4通貨で、ビットコインやリップルなどを挙げ、今後のシナリオを想定し、マーケットへの注視と当局への協力が必要だとした。
05/27 (月)
中国仮想通貨格付け最新版(第12回)を公開 ビットコインやLiskなどがランクアップ
中国の行政機関であるCCIDのブロックチェーン研究所は、仮想通貨に関連する第12回「パブリックチェーン技術評価」を公表。ビットコインやビットコインキャッシュなどの通貨基準が大きく見直されたほか、XRP(リップル)も2月連続で順位を更新。これまで中国系のプロジェクトまたは中国で人気があるプロジェクトが上位にあったランキングにも変化が見られ始めている。
05/09 (木)
出来高水増しが少ない仮想通貨、トップにBNBとXRP|ブロックチェーン調査企業が公表
ブロックチェーン調査企業「Blockchain Transparency Institute」がウォッシュトレードに関するレポートを公表。時価総額トップ10のうち、出来高を不正に水増ししていた割合が少なかった通貨は上位から順に、BNB、XRPと続いた。
04/24 (水)
仮想通貨取引所QUOINE、XRPとBCHのビットコイン建取引を追加 
国内の仮想通貨取引所QUOINEが24日午後1時から取引ルールを一部変更。新たなBTC建の取引ペアや証拠金対応通貨を追加したことを発表した。アルトコインの証拠金取引の利便性が大きく向上する。
04/17 (水)
ブロックチェーン導入企業のランキングをForbesが公開 リップル社やCoinbaseなど仮想通貨関連企業もランク入り
ブロックチェーンを活用していて企業年収または企業価値が10億ドル(約1120億円)を超えている上位50の企業のランキングがForbesで公開された。仮想通貨業界からはリップル社やコインベースなどがリスト入りした。
04/10 (水)
ビットコインやXRPなどを一括管理へ DMMが仮想通貨の管理サービスを公開
DMMが複数の仮想通貨を一括で管理するサービスを提供していくサービスを新たに公開した。ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、XRP(リップル)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)の6通貨に対応、アドレスを登録するだけで自動で資産管理画面を作成する。
04/04 (木)
世界初のXRP(リップル)ETP取引、初日のデータが判明|出来高から見る仮想通貨ETPの市場への影響
スイス証券取引所SIX Exchangeに4月2日に上場したXRPの出来高データなどが判明した。仮想通貨市場高騰によるビットコインなど5銘柄のETP出来高を含め、機関投資家の参入経路になりえるか、また市場への影響を考察した。
03/27 (水)
世界最大級の投資アプリeToro、ブロックチェーン企業Firmoを買収|全資産のトークン化を本格化
オンライン投資プラットフォームeToroがスマートコントラクト企業を買収していたことが明らかとなった。今回の買収により、同プラットフォーム上における全アセットのトークン化を本格的に進める予定だ。
03/20 (水)
スイス大手オンラインサイト、ビットコインやXRP(リップル)などの仮想通貨決済を開始
270万以上の商品ラインナップを誇るスイスの大手オンライン小売サイト「Digitec Galaxus」は19日、ビットコインやイーサリアム、XRPなど10の仮想通貨銘柄での決済を可能にすることを発表した。
03/19 (火)
西仮想通貨企業、欧州でビットコインやXRP(リップル)での仮想通貨決済サービスを開始
スペインの仮想通貨企業2gether社が主要仮想通貨での決済を可能にするデビットカードのローンチを発表した。ビットコインやXRP(リップル)などが欧州で利用可能となる。
03/13 (水)
バイナンス公式ウォレット、XRP(リップル)を対応仮想通貨に追加|ビットコインなど5銘柄のクレカ購入も可能へ
出来高1位を誇る大手仮想通貨取引所バイナンスの公式ウォレット「Trust Wallet」がクレジットカードの仮想通貨購入と仮想通貨XRPの追加対応することが発表された。ビットコインなど主要5銘柄をクレジットカードで購入することが可能になる。
03/11 (月)
コインチェック、仮想通貨別のチャット機能をリリース|全23種類の選出基準は「ファン数」も加味
ビットコインやリップルなどの取り扱い通貨に加え、ステラ、カルダノ、バイナンスコイン、モナコインなど23通貨のチャットスペースを追加。選定基準はファン数も考慮しており、半年ごとに一度見直される。
03/09 (土)
スイス金融大手、「軍事レベル」の仮想通貨カストディ提供へ|ビットコインやXRP(リップル)などの保管に対応
Swissquote社は高セキュリティの仮想通貨企業と提携してカストディを提供。 核ミサイルにも耐えられる軍事レベルのカストディで、スイス国立銀行と同水準だという。
03/08 (金)
世界最大規模の投資アプリeToro、米国でビットコインなどの仮想通貨取引を提供開始|証券投資家へのリーチ拡大へ
世界最大級のソーシャルトレード投資プラットフォームeToroは米時間7日、米国32州においてビットコインやイーサリアム、XRPなど、主要13仮想通貨銘柄の取引提供を開始することを発表した。
03/05 (火)
月9.7億PVの日本Yahoo!ファイナンス、ビットコインなど「仮想通貨レート」掲載開始|リップル(XRP)の時価総額を2位と算出
日本最大手のヤフーファイナンスで仮想通貨のレート表示が始まり、ビットコインなど8通貨に対応した。注目すべきはリップルの時価総額で、イーサリアムの2倍以上となる3.37兆円と算出している。