CoinPostで今最も読まれています

PayPal社CEO、仮想通貨サービスの拡大を示唆|金融包括を念頭に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨と金融包摂

大手送金アプリPayPal社のCEOであるDan Schulman氏が13日、暗号資産(仮想通貨)関連のサービス拡大を示唆した。フォーブス社主催のオンライン・シンポジウム内で、送金領域における仮想通貨やCBDC(中銀デジタル通貨)ポテンシャルを高く評価する姿勢を示している。

フォーブス社は4月13日、「2021 Blockchain 50 Symposium: Crypto Goes Corporate」と題し、大手企業による仮想通貨の導入についてネット上でカンファレンスを実施。登壇した関係企業にはPaypalやVisa、Northern TrustやJPモルガンなど10社以上の大手企業が参列し、参加者は1,000以上を記録した。

Forbes社のMichael del Castillo共同編集者との登壇の中で、PayPal社のSchulman氏は、「金融業界において、今後5年間で起きる変化は過去30年間の進歩を大きく上回る」と述べ、ビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨がその先陣を切ると予想。

現金やクレジットカード決済からデジタル通貨(≒仮想通貨)決済が今後5年から10年間で加速すると持論を語った。

金融包摂に貢献

また既存の金融業界は送金の効率が悪く、時間がかかる上に金融システムから切り離されてるアンバンクド(銀行口座を持たない人口)が低所得層を中心に多く存在することを課題として挙げた。実際、先進国のアメリカでも低所得者の間では銀行口座を持たない米国市民も多く、コロナ禍で給付金の受け取りに時間がかかることが社会問題に発展している。

Schulman氏は仮想通貨のポテンシャルについて「仮想通貨やCBDCなどのデジタル通貨が送金時間や送金コストの低下にもつながり、金融システムにおける金融包摂の向上に貢献する」と高く評価した。

仮想通貨のサービス拡大に言及

また、このような金融包摂を目指す上で、PayPal社としても仮想通貨サービスの範囲拡大を検討していることがわかった。PayPal社は20年10月に仮想通貨売買サービスの提供を開始。ビットコイン、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の4銘柄の売買と保有を可能にしていたが、今後は「仮想通貨を日常的な取引の資金源として活用したい」とし、決済利用も展開する方針を示唆した。

最終的には「より包括的な経済という崇高なビジョンがあり、今とは大きく異なるシステムになる」と述べ、仮想通貨決済だけではなくスマートコントラクトを導入したトランザクションなど「基本的な取引からそれ以上の価値を提供できる」システムの構想も明かした。

すでに提供している仮想通貨売買サービスは好調で、Schulman氏によれば今後数ヶ月で、取引量は2億ドル(約220億円)に到達する可能性がある。

米国では、PayPalによる仮想通貨決済サービスはすでに開始されており、3月末に上記4名柄によるオンライン決済が可能となっている。ロイターがPayPalの決済開始を報じた直後には、ビットコイン価格が上昇するなど市場にも好感された。

関連:PayPal、仮想通貨決済を開始──ビットコイン高騰

一方、PayPal社がビットコインを企業資産として保有する可能性については「低い」とコメント。企業資産としてはボラティリティの低い資産を保有する方針を掲げた。

コロナ禍で普及進む

他企業では、企業資産としての仮想通貨保有も珍しくなくなり始めている。

1,000人以上が参加したオンラインイベント上のアンケートでは、500以上の参加者が回答。26%の回答者が「自分の会社が今年ビットコインを購入するだろう」と予想した。イベントの登壇者の一人であるMicroStrategy社のMichael Saylor CEOは「1年ほど前にはゼロに近かった事を考えれば、26%は大きな進歩だ」とコメントした。

米国の大手資産運用企業バンガード社のブロックチェーン戦略部門責任者であるJohn Evans氏は、新型コロナウイルスの感染拡大が企業によるブロックチェーンの導入を促進したと説明。「ロックダウン開始から年末に至るまでマーケットで起きた全ての出来事の影響が、金融機関によるブロックチェーンの受け入れを後押しした」との見解を示した。

昨夏MicroStrategy社が財務資産としてビットコインを購入したことを公表して以降、テスラ社など大手企業によるビットコイン保有やビットコイン決済の導入事例が相次いだ。コロナ禍における大規模金融緩和などの影響で、仮想通貨の普及が一段と後押しされた側面は否めない。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/09 金曜日
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧