フィリピン:セブンイレブンから仮想通貨購入アプリへの資金チャージが可能に AbraとECPayが提携

フィリピンのセブンイレブンで仮想通貨購入APPへの入金が可能に
AbraとECPayが提携、フィリピンのセブンイレブンなどから資金チャージをすることが可能になった。同国の購入需要を拡大する糸口になると見ている。

フィリピンのセブンイレブンで仮想通貨購入APPへの入金が可能に

モバイル投資アプリを手がけるAbraは、フィリピン全土のセブンイレブンストアで仮想通貨購入サービスへの入金が可能になったことを発表した。

Abraは、キャッシュレス決済サービス「ECPay」とのパートナーシップ提携を締結。フィリピンのAbraウォレットユーザーは、ECPayの持つ6,000の加盟店において、お金をウォレットにチャージし、仮想通貨を購入する機能を利用する。

加盟店には、フィリピンで事業を展開するセブンイレブンの3,000以上の店舗も含まれている。

セブンイレブンを含む加盟店ではデジタル決済サービスCLIQQの専用端末が備え付けられており、現金をチャージし、仮想通貨の購入が可能になる。

仮想通貨は、数日でAbraウォレットにチャージされる仕組みで、最小の預入額は500ペソ(日本円にしておよそ1,000円ほど)、限度額は1日10万ペソ(約20万円)に設定されている。

フィリピンは海外への出稼ぎが盛んなことから、世界的に見ても国際送金の需要が非常に高い国となっている。そのため、フィンテック企業が相次いで進出し、低い手数料で送金が行えるようなサービスを展開している。

Abraは、銀行口座を介さないチャージ方式が追加されたことで、利用の普及を狙う格好だ。

CoinPostの関連記事

送金大国フィリピンの銀行が独自仮想通貨を発行|ブロックチェーンを活用した銀行取引は同国初
フィリピンの銀行UnionBankが、独自のステーブルコイン(PHX)を発行した。ブロックチェーンを活用した取引を実施する銀行は同国初。出稼ぎ労働者が多いフィリピンで、送金の効率化や透明性向上を狙う。
WBAボクシング世界王者パッキャオ、独自仮想通貨「Pac(パック)」発行へ
WBAボクシング世界チャンピオン、フィリピン上院議員、歌手の3つの顔を持つ、Manny Pacquiao氏が、自身初のコンサートで仮想通貨発行の発表。世紀の対戦と言われたPacquioの相手、Floyd Mayweahter Jr.がICOのプロモーションに関連して罰金刑を課された例がある。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら