記録更新続けるバイナンス先物取引出来高 、ローンチ一月でBTC現物取引量越え

Binance先物取引所の躍進

仮想通貨取引所世界最大手のバイナンスが、先月ローンチしたばかりの先物取引所、「Binance Futures」における取引量が急速に増加している。

最新のバイナンス週間レポートでは、同社の24時間当たりの先物取引の出来高が現物取引を上回ったと公式に発表。 また、10日には、一時間当たりの出来高が16000BTC(約1億3400万ドル≒145億円)に達し、ビットコイン先物取引所で世界4位の座に躍り出た。

バイナンスの本拠地、マルタで今月初めに開催されたブロックチェーン・カンフェレンス、「DELTA Summit」において、バイナンス業務執行取締役のErick Zhang氏は、先物市場は大きく成長しており、既にバイナンスの中で大変重要な地位を占めていると指摘した。

Zhang氏は、機関投資家からの大きな需要が存在することに着目し、先物取引を開始したと述べているが、バイナンスの読みが的確であったことを出来高の順調な推移が示しているようだ。

バイナンス DEX

バイナンスは、ステーキングや融資など、ユーザーが様々な仮想通貨のサービスにアクセスできるようなインフラを構築しており、仮想通貨の「ワンストップショップ」として多くのユーザーを惹きつけているとZhang氏は述べている。

そして、中央集権管理を行うBinanceに加え、分散型取引所の運営にも力を入れているようだ。

バイナンスの分散型取引所「Binance DEX」には、相互運用が可能なトークンが順次追加されており、直近では、XRPとBUSD(米ドルとのステーブルコイン)へのサポートが発表された。

XRPの場合は、バイナンスチェーン (BEP2) で発行されるXRP-BF2とXRPが1:1でペッグされ、バイナンスが発行量と同等のXRPを担保としてロックアップする。XRP-BF2はBinance DEXで取引されるが、XRP-BF2とXRPは双方向で交換が可能。手数料もかからないという。 1千万XRP-BF2が発行済みで、ビットコインにペッグされたトークンBTCBに次ぐ二番目のトークンとなった。

バイナンスCEOのCZ氏は、同様の仕組みを使用することで、今後、他の仮想通貨もバイナンスチェーンへ移行させ、分散型取引所特有の非カストディ型の取引を可能にさせると述べている。

Zhang氏は、一般ユーザーが中央管理型から分散型プラットフォームへ移行するには、大きな負担を強いられるため、現在、分散型プラットフォームを利用しているユーザーは、取引中の秘密鍵の管理を自分自身で維持することを重要視する特定の層に限られると述べた。 しかし、同時に、バイナンスは、仮想通貨の未来は分散型取引所にあると確信していると同氏は言及している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら