仮想通貨リブラ公聴会:リブラはデジタル人民元に対抗し、米主導権を保持する

リブラ公聴会

フェイスブック社が主導する仮想通貨リブラについて、米下院金融サービス委員会の公聴会が開かれ、6時間以上にも及ぶ質疑応答が行われた。

改めて規制準拠の姿勢を示したザッカーバーグ氏は、米国に反するプロジェクトではないとして、「フェイスブックは、米規制当局が認めるまで、世界のどこにおいてもリブラ発行に関与しない」と言及。発行期間の延期も視野に入れた発言を行なった。

また、公聴会の議論は、経済的・地政学的な視点から、アメリカと中国のライバル関係にも及び、両国の競争が激化する中で、リブラはアメリカを優位な位置に保つとザッカーバーグ氏は論じた。

中国人民銀行も、独自のデジタル通貨を発行する計画を進めていることは周知の事実だが、リブラを規制することで、米国は遅れをとることになると指摘した。

中国のデジタル通貨については、中国政府高官が「5年という歳月をかけて発行準備が完了している」と発表したほか、同国のデジタル人民元の設計デザインは「リブラに似ている」とも明かしてる。

デジタル人民元の開発フェーズでは、中国人民銀行調査局の代表Wang Xin氏が、リブラの台頭によって、中国政府はこれまで進めていた仮想通貨のリサーチ段階から開発段階への移行が迫られていると言及している。

リブラの通貨組成比率(準備通貨)では米ドルが50%を占めている(中国元はなし)ことで、米国経済と関わりが強くなるとして、ザッカーバーグ氏は、次のように述べた。

中国は、同じような構想を数カ月以内に実現するために、現在迅速に動いています。私たちアメリカは今日世界のリーダー的存在ですが、革新を取り入れていかなければ、この先もリーダーでいられるとは限りません。

リブラは主に米ドルで裏付けされます。私はリブラが、アメリカの財政的リーダーシップ、のみならず民主主義の価値観も世界に拡大していくと信じています。アメリカが革新を取り入れなければ、私たちの財政的リーダーシップも保証されません。

リブラ・プロジェクトが、台頭する中国の力に抵抗し、米国が世界の金融リーダーであり続けることを保証すると述べた格好である。

ザッカーバーグ氏は、パトリック・マクヘンリー議員の中国の技術的急成長に関する質問に答え、「今日、トップテクノロジー企業のうち10社のうち6社が中国から出てきており、私たちの価値観を共有していないことは確かです」とも述べた。

公聴会終了後、委員会委員長のマキシン・ウォーターズ氏は、台頭する中国を踏まえて「世界が求めるニーズを満たし、国際的競争力を持つために、私たちアメリカは充分な大きさと力、賢さをもっていると信じています。アメリカは進み続けなければいけません。」と締めくくった。

デジタル人民元のもたらす潜在的脅威については、大手投資銀行RBC Capital Marketsのアナリストも、「アメリカの規制当局がリブラをしりぞけ、仮想通貨による革新を促進する規則を考案しなかった場合、中国のCBDC(中央銀行デジタル通貨Central Bank Digital Currency)は、新興国で事実上のグローバルデジタル通貨になるよう、戦略的に位置付けられる可能性がある。」と指摘しているところだ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら