フェイスブック社が新決済サービス「Facebook Pay」を開始へ インスタへの利用拡大も

Facebook Pay

フェイスブック社は、新決済サービスとして「Facebook Pay」を今週中にも開始すると発表した。米国内でサービスを開始し、国外への提供範囲拡大を予定する。

「Facebook Payはリブラのウォレットカリブラとは分離した事業だ」と責任者は明確にしており、同決済サービスは、仮想通貨リブラへの対応は行わないという。

Facebook Payはローンチ当初、米ユーザーの利用に限定し、FacebookとMessengerに導入。傘下企業アプリのInstagram、WhatsAppにも順次利用を拡大する。

また、主要クレジット・デビットカードの提供企業およびPayPalとの提携を行い、サービス連携を行なっていくという。

米国にはSNS企業が提供している決済サービスとしてツイッター社CEOが運営する「Cash App」がある。他にもVenmo、PayPal、Apple Pay、Google Payがすでにサービスを開始している。

参考:TechCrunch

CoinPostの注目記事

大手宿泊予約サイトAirbnb、ビットコインで決済・3%の還元が可能に
ビットコイン(BTC)決済サービスの開発を行う米スタートアップFold社の提供するアプリで、大手宿泊予約プラットフォームであるAirbnb(エアビーアンドピー)の利用(BTC決済)・BTC還元が可能になった。
Bakktの仮想通貨決済アプリでスタバの支払い 2020年にローンチ予定
ICEの仮想通貨子会社Bakktは、2020年上半期に消費者向けの決済アプリをローンチする計画を発表。最初の提携パートナーは『スターバックス』になる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら