仮想通貨交換所ShapeShift、自社トークン保有者に手数料無料サービスを開始

手数料無料サービス開始

スイスを拠点にする仮想通貨交換所ShapeShiftが、仮想通貨の交換手数料が無料になるサービスを開始した。

本内容を発表したErik Voorhees CEOは、新たな「ShapeShift.com」のプラットフォームで、自身の鍵を所有しながら手数料無料で取引ができるようになったと投稿した。

手数料無料のサービスを受けるためには、FOXトークンを所有していなくてはならない。このトークンは同社のロイヤリティプログラムのためのトークンで、現時点では販売しておらず、アカウント登録時などに付与される。このトークンを持っているか否かで、手数料が無料になるかが異なることになる。

1つのFOXトークンの効果は、30日につき10ドル相当の手数料が削減される。それを超える場合は手数料が必要になるが、30日を過ぎるとトークンの有効性が更新されるため、新たなトークンを使う必要はないとしている。

同社やDEX(分散型取引所)などカストディアンではない取引所には、流動性の低さとサービスが高価格という問題がある。今回のサービスの目的は、この2つの問題を解決するためだと説明した。

CoinPostの関連記事

シンガポール、仮想通貨のデリバティブ取引解禁へ 金融取引所で先物上場を可能に
シンガポールの金融通貨庁(MAS)が、ライセンスを有するデリバティブ取引所で、仮想通貨のデリバティブ取引を解禁する規制案を発表した。
マネックス米子会社トレードステーション、仮想通貨取引サービス開始
国内大手仮想通貨取引所コインチェックを傘下に収めるマネックスグループの米国子会社『トレードステーション』は19日、仮想通貨仲介プラットフォーム「TradeStationクリプト」を開始した。BTCのほか、メジャーアルト4種類を取り扱う。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら