リップル幹部、仮想通貨XRPとETHの将来的な優位性語る

XRPとETHの優位性

米リップル社のプロダクト管理部門の幹部Asheesh Birla氏が、サンフランシスコで開催された米大手銀行ゴールドマンサックスのカンファレンスで、仮想通貨(暗号資産)のリップル(XRP)とイーサリアム(ETH)の優位性を語った。

XRPについては、国際送金での価値を主張し、他の競合企業やデジタル資産がXRPを越えるのは難しいと述べた。同様にETHの優位性については、その価値が活かされるのは分散型金融(DeFi)と説明している。

「XRPとETHは独自のプロダクトやエコシステムを持っている。XRPはリップル社のネットワークを支えており、流動性の高いデジタル資産だ。他の人々は自分たちのユースケースを見つけ、別のエコシステムを築かなければならない」と特長を説明。国際送金での利用を先行している優位性を語った。

XRPと同様に将来的な優位性が高まるとしたETHについては、以下のように語った。

DeFiのエコシステムが拡大すればするほど流動性が高まるので、ETHを超えるのはさらに難しくなっていくだろう。

XRPについては、米ドルとメキシコのペソの間で行われている国際送金の取引量を例に挙げている。最近、米国とメキシコ間の送金の内7.5%でXRPを活用したことを説明。この成功には、マネーグラムとの提携が大きく貢献していると述べている。

我々は前進しており、実社会での活用事例が増加している。我々はもう実験をする必要もない。世の中が変わっていく目撃者になりたい。

Birla氏によれば、リップル社は金融機関が国際送金にXRPを容易に利用できるようにすることに集中しているという。

リップル社の取り組みが成功すれば、資産を移動する際、信用を担保するための高コストな銀行は必要なくなる。銀行に口座を作らなくても国際送金ができるようになるのだ。

21日には、リップル社の開発部門Xpringが、XRPとETHのブリッジ開発に携わっていることが公式に発表されている。DeFiでイーサリアム上のスマートコントラクトに対応するXRPレジャーのレイヤーを作るコンテストを行うという。

関連リップルのXpring、仮想通貨XRPとイーサリアムのブリッジ開発に参画

CoinPostの関連記事

リップル社、仮想通貨XRP関連の不正・詐欺行為に新たな対応
リップル社(Ripple)は利用者が仮想通貨(暗号資産)XRPやXRPレジャーに関連する詐欺など、不正行為を報告できる報告フォームを新たに導入。米国連邦や州の法執行機関にも提供するなど対策を行う。
リップルCEO「5年後、アマゾンのような企業に」 IPOや仮想通貨XRPの銀行利用など=CNN取材
リップル社のCEO Garlinghouseは米CNNの取材内容が公開。IPO(新規公開株)や銀行のXRP利用などのトピックに最新の見解を語った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用