CoinPostで今最も読まれています

米国株の記録的な下落も「押し目買いは危険」 ゴールドマンとシティが警告 仮想通貨投資家の動向は

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

記録ずくめの今週の米金融市場

今週の米金融市場は、世界規模で新型肺炎(コロナウイルス)の感染拡大に伴う景気減速を警戒した売りが入り、記録的な下落相場となった。

2月29日現在、世界で感染者数は8.5万人を超え、死者は2500人を上回った。WHOは29日、感染拡大の危険性を「非常に高い」に引き上げた。企業の生産停止や施設の閉鎖など、実体経済への影響も拡大している。

ダウ平均は木曜日に続き一時1085ドル安まで下落したものの、357.28ドル安(-1.39%)と下落幅を縮小した形で終了。S&P500も4.13%安まで下落後、0.82%安で今週を終え、ダウ平均とともに7営業日続落となった。(データ:ヤフーファイナンスより)

このような状況下、今週のダウ平均の下落率は12%を超え、2008年のリーマンショック直後以来の大幅な下落を記録。さらに、米10年物国債利回りは1.3%を下回り、過去最低水準をつけている。

大手投資銀行ゴールドマンサックスやシティグループがさらなる下落を警戒する一方、株式・仮想通貨市場の個人投資家の間では押し目買いが活発化している模様だ。

ゴールドマン:押し目買いに警鐘

コロナウイルス感染拡大が懸念される一方、発生元の中国では工場活動などを再開する動きも見られる。足元の株式市場は数か月ぶりの安値となっており、一部の投資家の間では「すでに底を打った」との見方が出ている。

一方ゴールドマンサックスは、クライアント向けのレポートで、現時点での押し目買いを警告している。

2月28日のレポートによると、S&P500指数が今後3か月で2900ドルまで下落すると予想している(現在2954.22ドル)。S&P500指数が2020年末に3400ドルまで回復する見通しを立てているが、上昇相場は夏以降になると予想している。

さらに、同社が想定するワーストシナリオではS&P500が2450ドルまで下落という。これは今週終値から約20%安となる水準だ。

出典:GS

これらの理由から、現時点での押し目買いに警鐘を鳴らしている。

シティグループも現時点での押し目買いを警戒。今週の株式市場の下落を受けて、米連邦準備理事会(FRB)が3月に利下げを行う可能性も浮上しているが、今後のFRBおよびトランプ政権の政策動向を注視していく方針だ。

個人投資家の動向

ゴールドマンやシティが警鐘を鳴らす中、個人投資家は今週積極的に株式を購入していることが取引データで明らかになった。

米大手ネット証券のRobinhoodの取引データによると、同社を利用する個人投資家は今週、人気の高い12銘柄のうち10銘柄で買い越していることが明らかになった。例えば、アップルの株式は今週6%超の下落率を記録する一方、同社株を保有するユーザー数は約4%増加した。

出典:theblock

Robinhoodはミレニアル世代を主要顧客として抱えていることも考慮に入れなければならない。ミレニアル世代の投資家は暴落時に積極的に押し目買いをする傾向があるという。このような傾向は2015年から2016年のチャイナショックの時にも観察された。

仮想通貨市場:個人投資家の押し目買いの兆候

暗号資産ビットコイン(BTC)価格は今週、現時点で約13%の下落を記録した。

ミレニアル世代の投資家が多い仮想通貨に関しても、個人投資家は今週の下落相場で押し目買いをしていたようだ。

仮想通貨の大口OTCサービス企業Genesis Global TradingのCEOによると、直近では個人投資家の動きが機関投資家を上回っている。さらに興味深いことに、大口の個人投資家の発注は「買い」に偏っていると明かした。

27日には、ビットコインが一時8500ドルまで大幅下落した際に、アナリスト兼トレーダーのJacob Canfieldは、『落ちるナイフ』に警戒感を示した。実際、28日夜、再び急落し8428ドルまで落ちた。

”落ちるナイフ”とは相場の格言で、急落中に値ごろ感で飛びつけば、鋭利な「刃」で大怪我のリスクも高いことから、地面に刺さってある程度落ち着いてから「柄」の部分をつかむ方が安全だという意味が込められている。

つまり、急落している銘柄(仮想通貨も株も)は【押し目】ではなく【落ちてくるナイフ】である可能性が高いため要警戒とのことだ。

CoinPostの注目記事

「落ちるナイフは掴むな」ビットコイン急落局面で、仮想通貨アナリスト
一時8500ドルまで大幅下落したビットコイン。アナリスト兼トレーダーのJacob Canfieldは、ファンディングレートなどの観点から、”落ちるナイフ”に警戒感を示していた。
恐怖指数が2年ぶりの高水準 仮想通貨ビットコインとの逆相関で再び警戒か
仮想通貨市場は28日、ビットコインの下落が一服。下落トレンドへの転換を警戒して売りが走ったアルトコイン市場でも一部買い戻しに動いた。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:07
ビットトレード、アプトスとトンコインの貸暗号資産 高利回り特別募集を開始
ットトレード株式会社はアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱を開始。併せて、貸暗号資産サービスで、年率20%の高利回り特別募集を開始した。
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア