コインベース、仮想通貨テゾスのステーキング事業を欧州へ移動

テゾスのステーキング業務拠点を欧州へ移行

大手仮想通貨取引所コインベースが、テゾス(XTZ)のステーキング業務拠点を米国からアイルランドに移したことを発表した。移行は、3月31日に実行され、ダウンタイムはわずか1分だったという。

2019年にXTZのステーキングサービスを開始して以来、同取引所はテゾスネットワークで最大のバリデーターを運用するようになっている。

今回コインベース・カストディがアイルランドにベーキング拠点を移行したのは、スイスのデジタル資産企業「Amun」が規制上必要とされたためだった。

昨年、Amunはスイス証券取引所(SIX)で現物のテゾスを裏付けするETP(上場投資商品)を発表。スイスの関連規制の変更により、ステーキング活動が欧州連合内で行われる必要が生じたことが、今回のアイルランド移行の背景にある。

支障のない移行を完了

コインベースは幾つかの案の中から、バリデーターのエンドーサー(endorser)をノードから切り離して「ほとんどダウンタイムのない移行を実行する」ことが最善の策であると判断したという。

テゾスのコンセンスメカニズムでは、新しいブロックを生成するベイカーと、他のバリデーターが生成するブロックに対して投票するエンドーサーだ。

テゾスの大規模なバリデーターは、数分あるいは数時間ごとにしか新しいブロックを生成しない。一方で、投票または承認(エンドース)は、ほぼ毎分行う必要がある。

コインベースによると、ダウンタイムの1分間の内に、エンドーサーの分離と移行に成功。その後まだ米国で新しいブロックの作成が行われていたが、ブロックの生成を担当しない数時間で、アイルランドへの移行プロセスを完了した。

コインベース・カストディは、今年1月に仮想通貨カストディを行うヨーロッパ法人、Coinbase Custody International Inc.を立ち上げており、アイルランドのダブリンを拠点とした。

これまでは税務上の規制が曖昧なことから、米国外(欧州等)の投資家が、米国に拠点を置く企業のサービスを使うことには躊躇していたことや、ステーキングサービスを欧州で拡大することも、欧州拠点設立の目的と考えられる。

参考:Coinbase

CoinPostの注目記事

テゾス財団、全集団訴訟で和解する方針固める
テゾス財団が、財団に関連した集団訴訟を全てを和解に持ち込む方針を固めたことがわかった。今回の提案について、裁判所の認可が行われ次第、和解が成立する見込みだ。
テゾス財団の資産は700億円超 47%を仮想通貨ビットコインで保有
仮想通貨テゾスの開発を支えるテゾス財団が、1月末時点で6億3500万ドルの資産を保有していることが分かった。資産の内訳や助成金の支給額なども発表している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します