CoinPostで今最も読まれています

ネム「Symbol」 ファイナリティの重要性を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ファイナリティの重要性

仮想通貨ネム、次世代ブロックチェーンSymbol(シンボル)の開発に関連するネムグループは現在進められている「ファイナリティ」のソリューション開発について、その重要性や開発が遅延している理由についての解説を公開した。

外部から専門家を招くなどし、作業は進展しているものの、ブロックチェーンの中でも最先端の分野で正しい答えもない状況が見通しを難しくしている状況だという。

ファイナリティとは

ファイナリティとは決済が最終的に決定されることを指す。決済を行った後に、それが覆る可能性があればファイナリティがあるとは言えない。

また、ファイナリティには確率的なもの(ビットコインなどのブロックチェーン)と決定的なものの二つのアプローチが存在する。ビットコインのブロックチェーンは、該当するトランザクションが入るブロックの後にいくつものブロックが繋がっていくことで、該当ブロックが覆る可能性が確率的に現実的ではなくなる。

ビットコインでは、6個のブロック(約1時間かかる)が承認されるのを待って決済が確定されたとみなす場合が多く、確率的にファイナリティがあるということになる。

これに対し、決定的なアプローチでは、ネットワークがそのブロック、あるいはトランザクションが最終的なものであることを決定する。確率的なアプローチに比べ、ファイナリティを得るまでの時間が短いといったメリットがある。

NEMグループによる解説記事ではファイナリティが考慮されないとどうなるのか、大幅に単純化した例を用いて説明している。

例えば、自分がウォレットから100BTCを取引所に送り、即座に自分の取引所のアカウントに残高が反映されたとする。自分はすぐさまその100BTCをETHに交換、取引所から自分のウォレットに引き出す。

ところが、その後ブロックの承認作業が進み、100BTCの取引が含まれたブロックが誤ったチェーンとしてロールバックされて(覆されて)しまう。

そうすると、手元(ウォレット)には、送金できなかった100BTCと、実際には送金されなかった100BTCと交換して手に入れたETHが残る。取引所は100BTC分の資産を失うことになるともいえる。

ファイナリティへの取り組み

以上により、ファイナリティの設計はプロジェクトにおいて重要であり、ネムは決定的(確定的)なアプローチでファイナリティを持とうとしている。

ファイナリティを含めた問題を決定的なアプローチで解決しようと取り組んでいるのはネムのSymbolだけではなく、競合となるオープンソースのチェーンが幾つかの異なるアプローチで決定的なファイナリティを実装しようとしている。

それはブロックの承認者(ノード)を許可制にしたり(DBFT)、アルゴランドのPPoSアプローチなどが存在している。

ネムの開発者らは特にアルゴランドのアプローチを参考にしたり、複数プロジェクトで経験を持つ専門家を招いて、ソリューションの設計に取り組んできたという。

それでも、設計のプロセスが想定よりかかっていることが開発の遅れの原因であり、その理由としてはブロックチェーンの学術的研究において最先端の取り組みであることから、明確な答えや正しい答えがないと説明されている。

次のステップとなるのは設計の最終決定であり、これが1〜2週間以内に終わることをコア開発チームは期待しているが、いつ終わるか明確ではないのが現状だという。また、テストネットの開始とローンチの日付にも影響する可能性があるが、その影響を避けるか、最小化できる選択肢を考えているとした。

参考:ネムフォーラム

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 木曜日
07:25
C・ロナウド選手、バイナンスとの契約巡り集団訴訟に直面
サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手は、仮想通貨取引所バイナンスのプロモーションに関わったとして、米国で集団訴訟に直面。原告は、同社の有価証券販売に関与したなどと主張している。
06:45
米SoFi、仮想通貨取引サービスを停止へ Blockchain.comへ移行
米オンライン融資仲介サービス大手SoFiは29日、仮想通貨取引サービスの閉鎖および移行計画を発表した。Blockchain.comへの移行が必要となる。
06:05
ブラックロックとInvesco、ビットコインETFの上場申請でSECと再び面談
米SECは現物型ビットコインETFの上場申請について、今週28日に申請側のブラックロック(2度目)・Invescoと会議を行ったことが判明した。ゲンスラー委員長は別のイベントでETF申請についてコメントをした。
05:30
米で13番目のビットコインETF上場申請に、スイスPando
スイスの資産管理会社Pando Assetは米国で、現物型仮想通貨ビットコイン(BTC)ETFの上場申請を行っていることが判明。
11/29 水曜日
21:01
IOTA財団がUAEアブダビ当局と提携、エコシステム成長を促進
仮想通貨IOTAの研究・開発を行うIOTA財団は、UAEアブダビで、金融センターADGMと協力し、プロジェクトを成長させていくと発表した。
18:00
預けるだけで仮想通貨が増える?|CoinTradeのステーキングを解説
出典元:CoinTrade 2023年11月、ビットコイン(BTC)が年初来高値を更新したことをうけ、仮想通貨(暗号資産)業界は盛り上がりを見せています。 一方で「仮想通貨には…
16:28
米財務省 仮想通貨業界への調査権限拡大を議会に要請
米財務省がハマス制裁の一環として仮想通貨業界への調査権限を拡大へ。過激派組織のデジタル資産利用に対抗するための新たな法案を議会に要請し、アンチマネーロンダリング規制を強化する動きを加速。テロ資金の流れを追跡し、国際的な安全保障を高める目指す。
15:33
Coinbase顧客にBybit関連の「召喚状」通知、CFTCの動きに焦点
仮想通貨取引所Coinbaseが規制当局の召喚状について顧客に通知。Bybitの利用歴のあるCoinbase顧客に関する情報提供をCFTCが求める。Bybitは米国サービスを否定もVPNアクセスの可能性あり。Bybitは仮想通貨取引量トップ3で2,000万ユーザーを達成。
14:54
「中国の信用拡大はビットコインへの資本流入を促す可能性がある」ヘイズ氏
仮想通貨取引所BitMEXの共同創業者で元CEOのアーサー・ヘイズ氏は、中国における信用拡大が世界市場に波及し、結果的にビットコインなどのリスク資産全般への資本流入を促進するとの見解を披露した。
14:00
SNS連携のWeb3ウォレット「TIPWAVE」公開
NextmergeがX(旧Twitter)やDiscordユーザーに便利なWeb3ウォレット「TIPWAVE」を発表。SNSとの連携で暗号資産(仮想通貨)とNFTの利用が簡単に。ソーシャルメディアアカウントに対するNFT配布も可能になる。
12:40
ビットコイン投資商品9週連続の純流入、21年11月の「強気相場」以来最大規模に
暗号資産(仮想通貨)市場では、CME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)の先物OIがバイナンスを上回る規模を拡大。CoinSharesのデータではビットコインETPなどの投資商品に21年11月以来最大の資金流入を観測した。
11:30
Jドーシー氏、ビットコイン採掘分散化推進の「OCEAN」に投資
ムーモリン社のビットコインマイニングプロジェクト「OCEAN」が620万ドル調達。ジャック・ドーシーも支援し、ブロック報酬をマイナーに直接分配する革新的なアプローチを採用。暗号資産(仮想通貨)ビットコインの分散化と発展に寄与。
10:45
香港行政長官、Hounax詐欺事件について発言
香港の行政長官や規制当局責任者は、仮想通貨取引所Hounaxの詐欺事件について発言し今後の姿勢を示した。また香港警察が事件概要を説明している。
09:50
チェーンリンク、ステーキング機能をアップグレード
チェーンリンクは、ステーキングの新バージョンを仮想通貨イーサリアムのメインネットにローンチしたことを発表。特化する目標や移行スケジュールを説明している。
08:30
ドル円一時147.3円 コインベース株大幅高、米FOMC理事ハト派転換か
コインベースやビットコイン採掘関連株などはFOMC理事のハト派的な発言を受けて大幅に上昇した。今夜は米7-9月期四半期実質GDP改定値が発表される。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア