CoinPostで今最も読まれています

SBI北尾代表:コンソーシアムを率いるR3社との合弁会社設立を提案

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SBIグループ代表がR3に対して合弁会社の設立を提案
3月7日に東京で行われたCordaのイベントで、SBIグループの北尾代表が、米国のFinTech企業である「R3」社に対して合弁会社設立を提案しました。まだ提案ベースの話ではありますが、今回の件が実現すれば、SBIグループの次世代金融プラットフォームとしての地位を更に高める事になります。

2018年3月7日(水)に東京で行われた「CordaCon Tokyo 2018」にて、SBIグループの北尾代表が、米国のFinTech企業であるR3社に対して、合弁会社の設立を提案しました。

SBIとR3

会場のスライド紹介では、「日本を事業対象として、R3の分散金融技術を活用したソリューションを提供することを目的」としており、SBIグループが日本で設立した「内外為替一元化コンソーシアム」において、国内外の送金以外の金融およびその他業務で、R3・Cordaのプロモーションを行う旨についても言及されました。

あくまでSBI北尾代表からの提案であり、現時点での決定事項ではありませんが、今回の発言が実現した場合、次世代金融プラットフォームとしての地位をさらに高めるものとなる事が予想されます。

「CordaCon Tokyo」と同日開催されていた「内外為替一元化コンソーシアム」では、スマートフォンの送金アプリ「Money Tap」の提供を発表するなど、フィンテック関連で話題の中心にいるSBIが、今後どのような展開をしていくのか目が離せません。

CoinPostの参考記事

SBI主導:Ripple技術を利用したスマホ向け送金アプリMoneyTapを商用化へ
SBIグループが事務局を務め、メガバンクを始めとする邦銀61行が加盟する「内外為替一元化コンソーシアム」は、米Ripple(リップル)社のxCurrentを実装した商用版:RCクラウド 2.0に接続した、スマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を提供。銀行でもサービス対応するとしています。

R3(コンソーシアム)とは

R3社は、ブロックチェーン関連技術(分散台帳技術/DLT:Distributed Ledger Technology)に強みを持つ、アメリカのスタートアップ企業です。

ブロックチェーンシステムを利用して、金融機関のコスト削減システムを作ることを目的としたコンソーシアムを主導しており、同コンソーシアムには世界の名だたる銀行が名を連ね、日本の3メガバンク(みずほ、UFJ、三井住友銀行)も参加しています。

R3とリップル社の関係性について

内外為替一元化コンソーシアムを主導するSBI Ripple Asiaは、SBIとRipple社が戦略的提携を行なって設立されています。

しかし2018年1月、Ripple社がR3社に対し「悪意のある取引に署名した」として反訴提出を行うなど、訴訟事件へと発展した経緯があります。

今回はSBI北尾代表の提案ですが、この2社の関係性に関する進展も今後注目されるでしょう。

CoinPostの参考記事

リップル社がニューヨーク州立裁判所にR3社への反訴を提出
R3コンソーシアムが不当な取引に署名したとして、リップル社はニューヨーク州立裁判所に反訴を提出しました。反訴では、R3はRipple社との合意を取り付けるためにR3のリソースと実行可能性を偽っていたと主張しています。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧