CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム創業者Vitalik氏:スケーラビリティ問題解決へ向けPlasma Cashを発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ヴィタリック氏が新技術「Plasma Cash」を発表
パリで行われたEthCCにて、Ethereum創業者のヴィタリック氏がサプライズ登壇し、昨年夏に発表されたスケーリング技術Plasmaをより軽量化する「Plasma Cash」を発表しました。

Plasmaをより加速する、「Plasma Cash」を発表

3月9日(金)にパリで行われたイーサリアムコミュニティカンファレンス/EthCCに、サプライズゲストとしてVitalik Buterin氏(以下、ヴィタリック氏)が登壇し、世界第二位の大きさを持つブロックチェーンであるイーサリアムの計算能力を向上させるPlasmaについて、新しいソリューションである「Plasma Cash」を提案しました。

CoinPostの関連記事

イーサリアムの送金遅延問題の解決案「Plasma」について
ビットコインで騒がれている送金遅延問題は、世界第二位の市場規模であるイーサリアムにも当てはまりますが、これを解決する案である「Plasma」が今注目を集めています。

昨年にヴィタリック氏と、ビットコインのLightning Networkの共同製作者であるJoseph Poonによって発表されたこのPlasmaは、 イーサリアムの処理能力の向上を目的とする数多くの実装のうちの一つであり、イーサリアムのメインブロックチェーンと相互に作用するスマートコントラクトのレイヤーを作成することにより動作します。

現状のプロトタイプの状態では、Plasmaのシステムに含まれる各々のスマートコントラクトが、すべてのユーザーによりダウンロード、そして検証される必要がありました。

しかしながら、この度ヴィタリック氏はこの膨大なデータポイントを小さく削減できる方法を提案しています。

「この新しい手法の主な利点は、クライアントが処理しなければならないデータ量が大幅に削減されるということです。」

とヴィタリック氏は説明しました。

Plasmaの持つすべてのトランザクション履歴をダウンロードする必要はもはやなく、その代わりにユーザーはスマートコントラクトに対しデポジットを送ることで、”Plasma coins“というものを生成することが出来るようになります。

「そうすることによりユーザーは、全体のPlasma chainのうち、自分たちが使いたい部分のインデックス、言い換えれば自分たちの保持する、あるいは注視するPlasma Coinのインデックスについてのみ可用性と妥当性を検証すればよい、ということになります。」

ヴィタリック氏、および開発者であるDan RobinsonKarl Floerschによって提案されたこの新しいアイディアは、まだテストされていません。

しかしながら、このコンパクトになったシステムは非常に多くのユースケースに適応しうるとヴィタリック氏は見込んでいて、その一例として大規模なハッキングからの仮想通貨取引所の保護を挙げています。

このシステムを利用すれば、顧客の資産を直接運用することなく、取引所は注文板に対して機能性を付加することができ、同時に意図しない損失に対して保険を掛けることが出来ます

「Plasmaのコントラクトが実装されたならば、もし不注意な開発者によって実装された数十億ドル規模の取引所がハッキングされたとしても、誰も被害を被ることはなくなるのではないでしょうか。」

そして重要なことは、この発見が、イーサリアムプラットフォームがユーザー基盤の拡大需要に喘いでいるこのタイミングにおいて、スケーリング問題の解決を促進しうるということです。

これに対してヴィタリック氏は肯定し、

「これはPlasmaをよりスケーラブルにし、一般ユーザーたちの必要動作環境を大幅に緩和できるただ一つの方法だ」

と述べています。

Vitalik Reveals New Idea for Plasma Scaling On Ethereum

Mar 9, 2018 by Rachel Rose O’Leary

参考記事はこちらから
イーサリアムニュース一覧
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
「熊手」とNFTを融合、XYZAの新プロジェクト
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧