米保険会社American Residential Warrantyがビットコイン投資を発表、決済利用も検討へ

米企業がビットコインに投資

米国の保険会社、American Residential Warranty(ARW)は10日、ビットコインへの投資を行うことを発表した。暗号資産(仮想通貨)の支払いにも対応するという。

フロリダ州に本拠を構えるARWは、全米(50州)にサービス展開する住宅保険の大手企業だ。

ARWの最高収益責任者であるJoshBrauser氏は以下のように述べた。

当社は投資ポートフォリオの拡大とキャッシュのリターン増加に向け、ビットコインへの投資を行う戦略的決定を行いました。

また、ビットコインの投資に当たっては、ウィンクルボス兄弟が経営する暗号資産取引所ジェミニ(Gemini)と連携し、ビットコインに直接投資を行うとした。ジェミニはカストディサービスを提供している。

関連:米Gemini、仮想通貨ファンド特化のサービスをローンチ

決済手段としても暗号資産を利用

また、ARWは合わせて暗号資産をサービスの決済通貨としても利用することを発表している。

ARWのCEOであるRichard Kaufman氏は、決済機能について「BitPayやCoinPaymentsといった業界トップの暗号資産決済ゲートウェイと共に迅速に機能する」と具体的なサービス名を挙げて説明した。

American Residential Warranty (ARW) はフロリダ州に拠点を置く企業で、住宅保証プランやホームセキュリティなどのサービスを提供する。住宅保証プランは、住宅保険とは別に住宅の設備の故障などに対応するサービスとなる。

著者:t.tenporin
参考:Inter Press Service

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します