ソフト・オン・デマンド 、仮想通貨を活用した動画配信プラットフォームを開発へ COINEALと提携で

SODと取引所COINEALが提携

国内大手成人向けコンテンツ制作会社のSOD(ソフト・オン・デマンド)と暗号資産(仮想通貨)取引所のCOINEALは、新たなストリーミングプラットフォームの共同開発を発表した。暗号通貨決済を導入するグローバル向けプラットフォームの構築に取り組む。

SODは、成人向けコンテンツを中心とする総合販売業(DVDの卸売・動画配信など)の大手企業。18年3月期の売上高は、129億円に上る。

新たなストリーミングプラットフォーム開発に着手する背景には、違法サイトのストリーミングを減らし、グローバルマーケットに進出することが狙いとしてある。

主なサービスとしては、ライブチャット機能やストリーミング機能、そしてNFTマーケットの機能を提供するほか、新人俳優発掘やイベントなどが行える、総合プラットフォームを目指す。

提携するCOINEALはグローバルに展開する暗号資産(仮想通貨)取引所で、公式によると利用者は750万人を超える。暗号資産を活用した既存企業のグローバル展開で、新たな取り組みとして注目される。

Pornhubは仮想通貨決済に特化

成人向けコンテンツ市場では20年12月、配信サービス大手Pornhubが、決済システム契約でクレジットカード大手のVisaとMastercardに提携解消されたことを機に、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)テザー(USDT)など14銘柄の決済に限定した事例がある。

今年1月には、新たにバイナンスコイン(BNB)、ドージコイン(DOGE)、ステーブルコインUSDC決済を受け入れた。

今回発表されたストリーミングプラットフォームは、よりブロックチェーンや暗号資産の活用に踏み込んだサービスとなりそうだ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します