CoinPostで今最も読まれています

金融庁:今夏に仮想通貨交換業者の審査を厳格化か|立入検査結果をGW明けに総括する可能性も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

金融庁が登録審査基準を厳格化か
基準厳格化だけではなく、立入検査の結果をGW明けにも総括すると日経新聞が報じています。一度業務改善命令を出されたZaifやGMOコイン、特に不穏な動きが目立つZaifへの対応が発表されるのかが焦点になるでしょう。
基準厳格化により何が変わるのか?
プラス材料としては、取引所の運営の質が向上し、業界健全化に進むことです。一方で、新規事業者の登録遅れや申請数減少の恐れもあり、また大手企業が既存取引所の買収する手法が増加するかもしれません。

金融庁が登録審査基準を厳格化か

金融庁が、仮想通貨交換業者に対して実施した立入検査の結果を、GW明けにも総括することを明らかにした、と日経新聞が報じました。

今回の日経新聞で報じられている中で重要な点は以下の3点です。

  • 立入検査結果をGW明けにも総括
  • 今夏より新規業者の登録審査に新方針を適用
  • 審査には重点5項目を導入(詳細は下記

2月に、日経新聞は、みなし事業者への検査結果が6月までに判断されると報じています。

今回の総括では、一度業務改善命令を出されたZaifやGMOコインへの対応も発表されるかどうかが焦点になると思われます。

マイナー通貨や、国内で唯一人気通貨ネムの板取引を採用していることで人気のZaif、及び運営元のテックビューロは、以下のような不穏な動きを見せ、不安視されています。

  • 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の会見欠席
  • 不安定なサーバー
  • 4/26に相場の変動によるストップ注文及びロスカット連鎖が原因で注文が通らない状態に
  • 資本金を13億8308万2000円→1億円へ減資
  • 本社の移動

審査の厳格化による新基準

日経新聞によると、審査担当官曰くノウハウが足りず手探りだった部分を、「重点5項目」の導入により細部を詰めていく方針とのことです。

この5項目について、全てが明示されている訳ではありません。

日経新聞で公表されている審査基準は、以下の通りです。

顧客と業者それぞれの資産の分別管理徹底
確認についても、1日1回だけではなく、時間単位で残高をチェックする。役員達が顧客資産を横領など出来ないような対策も考案する。
内部管理体制の強化
株主と経営を分ける。システム開発と管理の担当者を分かることでシステム悪用などを防ぐ。
オンライン状態のまま仮想通貨を保管させない
コインチェック事件でネムがホットウォレット(オンラインのウォレット)管理だった事を問題視。マルチシグ(秘密鍵の複数分割)対応も求める。
匿名性通貨を原則認めない
マネーロンダリングなどに使われやすい仮想通貨の取り扱いを認めない方針。
書面と会社訪問で審査
書面で確認後、実際に訪問しシステムの稼働状況、人員規模を確認する。立入検査による業者の問題発覚が相次いだ結果とみられる。

基準厳格化により何が変わるのか?

基準厳格化による変化
  1. 取引所の運営の質が向上
  2. 新規事業者の登録遅れや申請数減少
  3. 既存取引所の買収

取引所の運営の質が向上

登録審査基準が厳格化することにより、業界全体の登録取引所の質は向上していくでしょう。

コインチェック事件でも問題になった、企業の透明性なども向上し、業界健全化に繋がる事で、投資家保護が進み、日本の仮想通貨業界の発展の一助となるかもしれません。

新規事業者の登録遅れや申請数減少

一方で、登録審査が長引き、新規事業者の登録が遅れることが懸念されます。

現状、多くの大手企業が、仮想通貨業界、交換業に対して参入の意思を示しています。

しかし、審査が厳しくなる事で、登録されるまでの期間が長引き、サイバーエージェントビットコインのように取引所開設を見送る大手企業、また申請自体をしない企業が増える可能性があります。

既存取引所の買収

新規事業者の登録に掛かってしまう期間を考えた場合、大手企業は買収の道を選択する可能性が高まるでしょう。

既に、コインチェックを買収したマネックス、東京ビットコイン取引所を買収したDMM、子会社を通じ「ビットアルゴ東京取引所」に資本参加することを決定したヤフー、という3つの大手の例があります。

一から体制を形成していくより、ノウハウを吸収することを選択する企業が増えるかもしれません。

CoinPost関連記事

ヤフーが仮想通貨業界に電撃参入|今秋に取引所サービス開始予定と公式発表
大手IT企業Yahoo!が13日、仮想通貨交換事業(取引所)に参入すると公式で発表しました。認可待ちの企業が100社待ちとされている中、コインチェックを買収したマネックス同様、買収することで時短を図ったと思われます。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。
11:10
Slash Fintech、暗号資産決済でVプリカ販売サービス開始 NFT特典も実施中
Slash FintechがVプリカ販売サービスを開始。暗号資産(仮想通貨)決済でVプリカ購入可能。特典としてSlash Genesis NFTをプレゼント。利用方法から使い方まで解説。
10:00
ブラックロックのビットコインETF、アナリストが高評価
ブラックロックの仮想通貨ビットコインETFの購入者数は記録的な数字であると、ブルームバーグのシニアアナリストが高評価。レポートが提出され、ビットコインETFのパフォーマンスを分析した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア