DAOに移行したShapeShift、独自のステーブルコインを発行へ

独自のステーブルコインを発行へ

ShapeShift DAOは、独自の米ドルステーブルコインを発行する計画を明らかにした。

ShapeShiftは、2014年より中央集権型の取引所として運営されていたが、自律分散型組織(DAO)へ移行する計画を発表した。今年7月にガバナンストークンのFOXをユーザーに配布し、FOX保有者による投票でガバナンスを行う体制に移行している。

関連:仮想通貨交換所ShapeShift、自律分散型組織(DAO)へ移行

DAOとは

「Decentralized Autonomous Organization」の略。一般的な企業などとは違い、経営者のような中央管理者が存在しない。参加メンバーやアルゴリズムによって運営管理が行われる。

▶️仮想通貨用語集

USDCとFOXを裏付けに

11日、ステーブルコインプラットフォームのICHIとのパートナーシップを締結したShapeShift DAOは、ステーブルコインとなる(oneFOX)の提供を発表した。

oneFOXは、ステーブルコインのUSDCとFOXトークンで裏付けがされる。初期の比率は80%がUSDC、20%がFOXトークンとなるという。

FOXを裏付けとしたステーブルコインを発行することで、ユーザーはFOXを売ることなく、oneFOXを借りて運用することが可能だ。

裏付けとして使用されたトークンは流通から外れるため、これらによってFOX経済圏の維持・拡大につなげる狙いだとしている。

また、ShapeShift DAOは150万のFOXトークンをoneFOXのトレジャリーに貸し出すほか、ICHIはoneFOXのデポジットに対しICHIトークンでの報酬を提供することも同時に発表された。

ICHIは、USDCで償還可能なコミュニティ独自のステーブルコインを発行できるサービス。ShapeShiftの他にも現在、UniswapやDodo、1inch Networkなどのガバナンストークンを利用したステーブルコインが発行されている。

関連米バイデン政権、ステーブルコインの政策提言レポートを公開

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します