アバランチ(AVAX)やコスモス(ATOM)、グレースケールのバスケット型投資信託に採用

3銘柄を追加

米最大手暗号資産(仮想通貨)投資企業グレースケールは6日、「Digital Large Cap Fund」にアバランチ(AVAX)ポルカドット(DOT)コスモス(ATOM)を新たに組み入れたことを発表した。

Digital Large Cap Fundとは、グレースケールが提供する時価総額上位の銘柄で組成される投資信託。ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)は以前より入っており、昨年10月にはソラナ(SOL)とユニスワップ(UNI)が新たに加わった。

今回ではAVAXやDOTを加える一方、DeFi投資信託の「Grayscale DeFi Fund」ではSushiSwap(SUSHI)とSynthetix(SNX)は時価総額に関する条件を満たしていない理由として除外された。

Digital Large Cap Fundの現在の運用銘柄は下図通り。運用資産総額は執筆時約560億円に相当する。

出典:グレースケール

また、グレースケールは3月に、スマートコントラクトプラットフォームに特化した投資ファンドを新たにローンチ。このファンドは、エイダ(ADA)やソラナ(SOL)、アバランチ(AVAX)、ポリゴン(MATIC)といったスマートコントラクトプラットフォーム関連銘柄に資金を配分して投資を行っており、運用資産総額が執筆時約5.6億円になっている。

関連米グレースケール、スマートコントラクト銘柄のファンドをローンチ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します