米クラーケン、NFT電子市場をローンチへ

「手数料ゼロ」

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)は3日、独自のNFT(非代替性トークン)の電子市場をローンチすることを発表した。

「Kraken NFT」という新たなNFTプラットフォームは現在、「予約待ちリスト(waitlist)」の状態でユーザーが事前サインアップすることが可能だ。

この電子市場はOpenSeaなどと異なって、さまざまな法定通貨建てで売買可能。また、NFTのカストディ(保管)サービスもユーザーに提供し、プラットフォーム内の取引は手数料が無料になるという。

クラーケンのJesse Powell CEOは昨年12月にNFT電子市場の開発を明かした。当時はNFTを担保にした融資サービスも計画中と取材で話したが、今回の発表ではそれに触れていない。

現在、NFT電子市場を運営している仮想通貨取引所には、バイナンスやFTX、コインチェック、GMOなどがある。また、米最大手のコインベースは4月20日にベータ版のNFT電子市場をローンチした。

関連米コインベースのNFT電子市場、ベータ版をローンチ 複数のプロックチェーンに対応へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します