CoinPostで今最も読まれています

ソラナ(SOL)開発のSolana Labs、投資家から集団訴訟を受ける

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Solana Labs等に対する集団訴訟

暗号資産(仮想通貨)ソラナ(SOL)の開発企業やリードインベスターに対して、米国の投資家がカリフォルニア州連邦裁判所に集団訴訟を起こしたことが明らかになった。未登録の証券販売からインサイダーが利益を得る一方で、一般投資家が損害を被ったとして補償を求めている格好だ。

被告としては、開発企業Solana Labs、ソラナ財団、ソラナ創業者のAnatoly Yakovenko氏、また投資会社Multicoin Capitalや同社幹部の Kyle Saman氏等も名前を挙げられている。

原告は、Solanaブロックチェーンが過度に中央集権化されており、SOLトークンの価値がSolanaインサイダーの活動に依存していると主張。Solana Labsの事業に期待し、資金を投じて購入するなどのSOLトークンの環境が、証券性を図るハウィーテストにおいて有価証券に該当すると述べている。

投資の成功およびその潜在的リターンは、Solana社および Yakovenko 氏の描いたネットワークの構築能力に完全に依存していた。

原告は、Solanaブロックチェーンの中央集権性の一つの根拠として、21年9月以来発生しているSolanaブロックチェーンの障害を指摘。Solana Labsの対応や声明とは裏腹に22年6月まで障害が度々発生してきた経緯を説明している。

ハウィーテストとは

米国で特定の取引が「投資契約」という証券取引の定義の一つに該当するかどうかを判定するテスト。SECのW. J. Howey社に対する訴訟事件に由来する。これ自体には法的拘束力はないが、SECはこのテストをもとに複数のICO(トークン販売)に対してリーガルアクションを起こした経緯がある。

▶️仮想通貨用語集

関連:米コインベース、USTの取扱巡り提訴される

ソラナ(SOL)への投資損益

原告はまた、被告が一般投資家を扇動して仮想通貨取引所で上場しているSOLを購入するよう勧誘する一方で、自分たちが保有するSOLを売却して利益を得てきたと主張。ソラナや関連プロジェクトに投資するMulticoinがFalconXのOTC(相対取引)市場で数億円相当のSOLを売却したと述べている。

原告代表者のカリフォルニア州在住のMark Young氏も21年8~9月にSOLを購入したが、現在までに4分の1程に下落。自身、及び同様の被害を被った一般投資家の損害賠償を求めている。

ソラナ(SOL)の開発を行う「Solana Labs」は、18年に実施したシード投資を除き、過去4回のプライベートトークンセールを実施してきた。19年7月にはMuliticoin Capitalが主導するシリーズAで2,000万ドルを調達。20年にはCoinListのパブリックオークションで2,500万ドルを調達したが、米国ユーザーは対象外とされた。

カリフォルニア州連邦裁判所が1日に公開した訴状によると、Solana Labsはシードラウンドで米国証券取引委員会(SEC)への登録義務の免除規定が組まれたフォームDを提出。約8,000万SOLを配布する「将来権利」を販売した。

ソラナの集団訴訟を主導する法律事務所のRoche Freedmanは、複数の同様の訴訟を率いてきた。6月には、ステーブルコイン「テラUSD(UST:現USTC)」を巡り、大手仮想通貨取引所バイナンスの米国法人「Binance US」に対する、米ユーザーが起こした集団訴訟を率いている。

関連:米国版バイナンス、USTを巡り投資家から集団訴訟

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア